お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「毎日jp」と「MSN産経ニュース」の利用者数が大幅に増加--10月のネット利用動向調査

2007/11/21 18:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは11月21日、2007年10月のインターネット利用動向調査 に関する結果をまとめた。

 調査によると、毎日新聞が10月1日よりスタートした「毎日jp」の家庭のPCによ る利用者は471万6000人で、前身となるマイクロソフト社と共同で運営していた「MSN 毎日インタラクティブ」の9月の利用者と比べ約17%増加した。また、同時にスター トした産経新聞とマイクロソフト社が提携し、運営する「MSN産経ニュース」の利用 者数は414万2000人で、産経新聞が単独で運営していた「Sankei Web」の9月の利用者 と比べ約2.4倍に増えた。

 そのほか、読売新聞の「Yomiuri Online」や朝日新聞「asahi.com」、日本経済 新聞の「NIKKEI NET」は微減または横ばいにとどまっている。

 また、直前参照サイトを比較すると 、「MSN毎日インタラクティブ」の9月の利 用者は「MSN Japan(56.5%)」からの誘導が最も多かったのに対し、新サイト「毎 日jp」の10月の利用者は「Yahoo!ニュース(72.2%)からが大幅に増えた。一方、 「Sankei Web」の9月の利用者は「Yahoo!ニュース(19.9%)」からの誘導が最も多 かったのに対し、「MSN産経ニュース」では「MSN Japan(56.5%)」からが多くなっ ており、提携の効果が表れているといえる。

 同社の代表取締役社長兼チーフアナリストの荻原雅之氏は「今回の結果を見る 限り、毎日新聞社とヤフー、産経新聞社とマイクロソフトとの協力・連携は順調な滑 り出しとなりました。毎日新聞は単なるニュースサイトからエンターテインメントや ライフスタイルもカバーする総合情報サイトへの転換、産経新聞は“ウェブ・パー フェクト”というスローガンで新聞紙面と一体化した編集を方針としてかかげる一 方、同じ10月1日にはYomiuri新聞、朝日新聞、日本経済新聞3社による新ポータルサ イト構想も発表されました。新聞社のウェブ戦略も、差別化や多様化が進んでいるよ うです」と述べている。

 調査は同社が契約顧客に対して提供するインターネット利用動向情報サービス (Net View AMS)のデータを基にしたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社