お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本エリクソンなど9社、IPTVサービス仕様策定のためコンソーシアム

2007/03/22 11:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エリクソン(エリクソン)ほか9社は3月19日、IPTVサービスの仕様を策 定する業界団体「オープンIPTVフォーラム」を設立したと発表した。設立メン バーは、エリクソン、ソニー、松下電器産業、AT&T、フランス・テレコム、 フィリップス、サムスン電子、シーメンス、テレコム・イタリア。当面9社で 活動を進め、将来は他の企業にも参加を呼びかける。

 IPTVサービスの普及に向けて、「エンド・ツー・エンド」を策定するのが目 的。「エンド・ツー・エンド」とは、コンテンツやサービスの提供元からネッ トワークを介して端末まで、IPTVシステム全体を通じた接続インタフェースの 仕様。

 業界を越えた9社の活動を通じて、現存のさまざまな標準技術を一貫した実 用ソリューションに統合し、IPTV関連技術の完全な標準化を進めることを目標 にする。07年後半までに、想定されるサービスの要求仕様とアーキテクチャ仕 様、プロトコル仕様を策定する予定。

 また、オープンスタンダードの策定を推進し、IPTV技術を効率よく整理・普 及させることで、消費者、ネットワーク事業者、コンテンツプロバイダー、サービスプロバイダー、家電メーカー、インフラプロバイダーがIPTVを最大限に活 用できるようにする。

 IPTVサービスとは、ブロードバンドに接続されたネットワークインフラを利 用してデジタルテレビ放送を配信するもの。パーソナライゼーション、双方向 化、多様なコンテンツへのオンデマンドアクセスを可能にするなど、多くのメ リットがある。また、コンテンツとコミュニケーションサービスが統合されて いるという特徴を生かし、携帯電話や家電に広く展開できる可能性もあるため、 それらの機器とサービス間の相互接続性が保証されることで、ユーザーの利便 性や自由度が大幅に向上する。

 同フォーラムでは、適切なオープンスタンダード技術に基づいた活動を進め る方針。また、著作権保護に加え、管理されたネットワーク経由でも一般のイ ンターネット経由でも、IPTVサービスを確実にするためのインターフェイス技 術や、それらのサービスと民生機器との相互接続を保証するための施策にも取 り組む。具体的な候補として、IMS(IPマルチメディア・サブシステム)やDLNA(Digital Living Network Alliance)などを想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社