お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Wiki的な電話帳」を持ったSkype 3.1、日本語版が正式公開

2007/03/15 19:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Skypeは3月15日、最新版「Skype 3.1 for Windows」を正式に発表した。お気に入りのお店やレストランなどの情報をユーザー同士で共有できる「SkypeFind」や、ユーザーがSkypeを通して有償のコンサルティングや情報提供サービスを利用できるようになる「Skype Prime」(ベータ版)などが特徴だ。

 SkypeFindについて日本オフィス ジェネラル・マネージャーの岩田真一氏は、「Skypeは、全世界で1億7000万人以上のユーザーが登録している。Skypeというプラットフォーム上でコミュニティーを形成できるのではないかという議論があり、具現化した機能だ」と説明する。

 SkypeFindはいわばオンラインコミュニティー内のユーザー同士で共有する電話帳のような機能だ。岩田氏が「Wiki的な電話帳」と形容するように、登録された情報は誰でも変更や修正ができるようになっている。SkypeFindの情報はコンタクトリストに登録しているユーザーに表示されるほか、地域やサービス、店名などで検索できる。

 Skype Primeは、スキルを持ったユーザーが通話によるサービスを他のSkypeユーザーに有償で提供するもの。課金方法としては「1分ごとの課金」と「1回の課金」のいずれかを選択可能で、料金はサービス提供者が自由に設定できる。このサービスの利用者はSkypeクレジットを使い、サービス提供者はPayPalアカウントに入金されるという仕組み。Skypeは、サービス提供料として利用料金の30%を徴収する。

 Skypeでは、SkypeFind登録コンテストとして、7月まで「SkypeFind でゲット」キャンペーンを開催する。毎週最も通話された項目を登録したユーザーには400円相当のSkypeクレジットを、1カ月間で最も通話された項目の登録者には7万7500円が振り込まれる。

SkypeFind 「SkypeFind」はレストランなどの情報をユーザー間で共有でき、Skypeでそのままお店に電話もできる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社