お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

学生向けSNS「Facebook」、企業メンバーの受け入れを一部開始

2006/05/01 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それはハーバード大学で始まった。それが一部の大学に広がり、後に全米の大学、そして高校へと広まった。

 全米の学校キャンパスで成功を収めたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「Facebook」は先週、別のキャンパスにも門戸を開いた。それは「企業」のキャンパスである。

 ハーバード大学生のMark Zuckerberg氏が2004年に始めたベンチャーFacebookは、利用者の口コミを利用するバイラルマーケティングという手法を用いて教育施設でのメンバー獲得に成功した。そして前回と同様に今回も、特定の10社の社員と1つの非営利団体(NPO)の職員のみに、それぞれの企業(.com)と団体(.org)のアドレスを使ってFacebookのメンバーになることを認めている(これまでは「.edu」アドレスを持つ場合にのみメンバーになれた)。

 FacebookのNetwork Listingのページによると、入会を認められた企業は、Accenture、Amazon.com、Apple Computer、Electronic Arts、Gap、Intel、Intuit、Microsoft、PepsiCo、PricewaterhouseCoopers、Teach For Americaなどである。

 Facebookのマーケティング担当ディレクターMelanie Deitch氏は電話インタビューで「(選ばれた)企業に何も秘密はない」と語った。「さまざまな業界と地域を代表するメンバーが欲しかった。多様性を求めた」(Deitch氏)

 Deitch氏は、多くの新しい企業が5月2日にはFacebookネットワークに加わる予定だと付け加えたが、その数は明らかにしなかった。現在の「試験的な」リストが、ユーザーがFacebookに提供した2つ目の電子メールアドレスを元にして一部作られているが、それは、「おそらく職場(のアドレス)だろうと判断した」からだとDeitch氏は言う。

 Deitch氏によると、Facebookに最も多く寄せられるユーザーからの要望は、職場の友人など、ネットワーク外からも人を招待できるようにすることだという。2005年に大学4年生だったFacebookユーザーのうち「45%が毎日サイトにアクセスしている」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社