お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米セールスフォース・コム、販売効率化ソフトをカスタマイズ可能に

2003/05/19 17:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Salesforce.comは、同社の販売効率化ソフトウェア、Salesforceを顧客企業各社がカスタマイズできるようにする取り組み、Sforceを立ち上げる構えだ。同取り組みでは、米Borland Software、米BEA Systems、米Microsoft、米Sun Microsystemsなどの企業の協力を仰ぎ、カスタマイズ用のツールを提供する。

 ビジネス向けアプリケーション市場で、Microsoftをはじめ、米Siebel Systems、独SAP、米PeopleSoftなどと競合するSalesforce.comは、営業担当者が顧客のアカウントを追跡し、販売予測を立てるためのシステムを開発している。Salesforce.comのシステムが大半の競合製品と異なるのは、顧客にインターネット経由でソフトウェアを提供している点。同社は顧客から月額料金を徴収し、自社コンピュータでソフトウェアの管理や保守を行なっている。

 Salesforce.comは、今回発表した取り組みで、Webサービス技術を取り入れる。互換性のないシステム間のデータ交換を実現する一連のインターネットプロトコルを利用するという。同社では、6月3日にニューヨークで開く記者会見で、この新技術を披露する予定である。

 Salesforce.comのライバル企業も、Webサービス技術を自社製品に取り入れようとしている。たとえば、SAPとSiebelは先頃、Webサービスツールを普及させるべく、Microsoft、IBM、BEAと提携を結んだばかりだ。

 米Yankee GroupアナリストのSheryl Kingstoneは、この取り組みによって、顧客がアプリケーションをカスタマイズしやすくなるため、Salesforce.comのサービスがより注目を浴びるだろうと予測する。「全ての顧客企業が求める機能を開発することはできない。最良の方法は、顧客にツールを与えて自分たちで開発してもらうことだ」(Kingstone)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社