お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

みずほ銀、旧3銀行のシステムを統合したオンラインバンキング

2003/03/18 11:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ銀行は3月17日、個人向けの新サービス「みずほダイレクト」を全店で開始したことを明らかにした。

 みずほダイレクトは、旧第一勧業銀行、旧日本興業銀行、旧富士銀行の各店舗で異なっていた「みずほテレホンバンキング/インターネットバンキング」のシステムを統一したもの。顧客は全国どの支店の口座でも、1つの契約で電話、インターネット、携帯電話から各種サービスを利用できる。

 主なサービス内容は以下の通り。

  • 1種類の契約で「テレホン/インターネット/モバイルバンキング」の3種類のチャネルが利用できる。複数の口座を「利用口座」として登録すると、全国どの支店の口座でも「一覧照会」や「口座間振替取引」を行える。
  • 振込、残高照会、定期預金、外貨預金、投資信託などのメニューを24時間提供する。他にも「インターネットによる宝くじ販売」「みずほバリュープログラム(メンバーズプラン)に関する各種照会」「料金払込みサービスPay−easy(ペイジー)」「インターデビット」「スーパーデビット」などの各種サービスを提供する。

 なお、サービスの契約手数料・利用手数料はいずれも無料としている。

みずほ銀行のプレスリリース(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社