お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ヤフー、Yahoo!BBとGoogleで売上163億円

2003/01/23 11:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフー(本社:東京都港区)は1月22日、2002会計年度第3四半期(2002年10〜12月期)の決算を発表した。売上高は163億2600万円で前年同期に比べ85.6%増、前期に比べ23%増となった。経常利益は67億8200万円で前年同期比129.4%増、前期比29.2%増。営業利益は68億700万円で、前年同期比128.2%増、前期比26.5%増。

 売上の内訳を事業部別に見ると、特にADSL接続サービスのYahoo!BB事業部とオークション事業部が好調。

 ADSL接続サービスのユーザー数が前期比67.3%増の169万人に達したことから、Yahoo! BB事業部のパーソナルサービス売上(ISP売上)が急増し、同事業部の売上は前期比31.7%増の62億円となった。

 オークション事業部は、売上高が33億円(前四半期比24.9%増)に増加した。ただし、2002年第1四半期-第2四半期(増加率112.2%)と比べると増加率は大幅に低下している。また、月間取り扱い高は328億円(前四半期比21.4%増)、月間新規出品累計数は874万件(前四半期比6.3%増)と供に増加しているものの、落札率は前四半期の48-57%から37-57%へと低下している。

 全事業部門にまたがる広告売上は35億円(前四半期比13.9%増)と2桁増加し、これで4・四半期連続して増加した。OvertureやGoogleとの提携で、広告掲載手段を多様化したことが広告売上の増加につながった。

 月間ページビューが同四半期中に初めて100億ページビューを超えている。12月の月間ページビューは103億5934万。その事業部別割合では、オークション事業部が31.7%でトップとなった。その後をメディア事業部(25.7%)、リスティング事業部(18.7%)、Yahoo!BB 事業部(11.7%)、ショッピング事業部(1.7%)と続いている。

ヤフー決算説明会サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社