お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテル、「Centrino 2」を正式発表

2008/07/15 17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--当初の予定より少し遅れたが、ついに登場した。

 ちょっとした混乱のために予定より3週間遅れとなったが、Intelは7月14日夜、最新の「Centrino 2」プラットフォームを正式発表した。

 発表が遅れた理由は、搭載されるグラフィック機能のほか、Centrino 2が利用する無線LAN規格「802.11n」の米連邦通信委員会(FCC)による認定が関係しているといわれている。

 しかし14日、Intelのモバイルプラットフォームグループでバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャを務めるMooly Eden氏は、問題は「簡単な手続き」に関するものであり、今はもう順調だと述べた。

 Centrino 2プラットフォームの発表を受け、Lenovo、Acer、Gateway、富士通などのPCメーカーが同最新技術を搭載したノートPCを発表することを表明している。

 Centrino 2には、法人向けの「Centrino 2 with vPro」と、消費者向けの2種類がある。

 今回Intelは、Centrino 2の高精細メディア機能を強力にプッシュしている。プラットフォーム全体をBlu-ray Disc規格の再生向けに強化しており、ノートPCのバッテリ寿命を延長することで、途中で充電することなく高精細映画を1本観れるようにもしている。

 Centrino 2ファミリで利用できるプロセッサは5種類ある。14日の発表会でIntelは、「Core 2 Extreme Mobile Processor X9100」に大きなスポットを当て、「最高のパフォーマンスを実現するモバイルプロセッサ」とした。Intelは同プロセッサでオーバークロックを解除し、ゲーム愛好家向けにチューニングした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社