お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝、100GBと世界最大記憶容量の1.8型磁気ディスク装置を商品化

2006/12/06 12:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は12月5日、世界最大記憶容量となる100GBの1.8型磁気ディスク装置「MK1011GAH」を開発し、来年1月から量産を始めると発表した。

 「MK1011GAH」は、面記録密度は、240.8メガビット/平方ミリメートル(155.3ギガビット/平方インチ)で、1.8型磁気ディスク装置商品として世界最高面記録密度を持つ。高密度記録性能と記録安定性に優れた垂直磁気記録方式を採用し、信号再生時のエラー訂正能力を改善することで記録密度を高めた。

 また、経済産業省の定めるエネルギー使用の合理化に関する法律で定義されているエネルギー消費効率を0.003W/GBに向上させるなど、環境に配慮した設計を行っているほか、06年7月に施行されたEU(欧州連合)のRoHS指令にも適合している。

東芝=http://www.toshiba.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社