お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、企業情報ポータル「StarOffice21」の機能を強化

2004/05/31 09:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、企業情報ポータル(EIP)「StarOffice21(スターオフィス21)」の機能強化を行い、5月28日から販売活動を開始した。

 今回の機能強化では、部門横断的なプロジェクト活動における協働作業支援機能や、携帯電話やPHSからのWeb会議参加によるユビキタス対応機能など、ナレッジワーカーの知的生産性向上や迅速な意思決定を可能とする「ダイナミック ワークプレース」機能を実現した。

 さらに今後、多数のコンピュータをブロードバンドで接続して相互に資料データや情報資源などのやりとりを可能とする「ピア・ツー・ピア技術」の活用によって、個々の社員の知識・情報の共有を拡大し、コラボレーション環境を拡大するための機能強化も進めていく。

 今回の主な強化強化は、

  1. 組織横断的なプロジェクト活動における協働作業を支援し、生産性向上を実現
  2. 携帯電話やPHSからのWeb会議参加など、ユビキタス対応を強化
  3. 業務プロセス管理機能の強化により、知識・ノウハウの組織活用の拡大を実現

――の3点。

 同社では、中堅企業向けのセット商品「らくらく情報共有ポータル」についても、今回の強化内容を盛り込み、積極的な販売活動を展開する計画。

 価格は、「StarOffice21 ビジネスポータル」が300ユーザーの場合、398万円から。「同コミュニケーションドア」が1会議室80万円から。「同らくらく情報共有ポータル」が100ユーザーの場合198万円から。出荷は7月から順次開始する予定。今後3年間で1000システムの販売を見込んでいる。

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社