お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジャストシステム、法人向けに「一太郎 for Linux」などをライセンス販売

2004/04/27 10:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは4月26日、Linuxディストリビューション上で動作する日本語ワープロソフト「一太郎 for Linux」と、Linux対応の日本語入力システム「ATOK for Linux」を12月に発売すると発表した。官公庁・企業・地方自治体などの法人を主な対象とするライセンス販売となり、税別価格は、「一太郎 for Linux」が1ライセンス1万4000円、「ATOK for Linux」が同7000円の予定。

 「一太郎 for Linux」は、Wine(Linuxディストリビューションを基盤として、Windowsアプリケーションを動かすためのエミュレーター)上で動作する日本語ワープロソフト。Windows版の「一太郎2004」をベースに開発し、文章をまとめる時に便利な「アウトラインスタイル」や文章の絞り込みに役立つ「マルチビュー」など、開発コンセプト“考えるための道具”に沿った機能をそのまま搭載している。

 Windows版と同様の操作性を実現しているため、使い慣れた一太郎をLinux上でも使用できるほか、一太郎やWordとの高いデータ互換性を実現し、今までWindows版で作成したファイルも利用可能。

 「ATOK for Linux」は、最新のATOK17と同等の変換エンジンと辞書を搭載したLinux用の日本語入力システム。ATOK17相当の高い変換精度を実現したほか、推測変換や名称変更アシスト、方言対応などの機能を備えている。ATOKパレットや候補ウィンドウなどのユーザーインターフェイスは、Windows版やMac版ATOKと同様のデザインを採用しているため、初めてLinuxを使用するユーザーも、使い慣れた日本語入力環境と同じ操作で使用可能。また、ATOKユーザー辞書についても、「ATOK17 for Windows版」のユーザー辞書をそのまま利用できる。

ジャストシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社