お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

沖電気、Opteron搭載4Wayラックマウントサーバを発表

2004/04/26 17:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は4月26日、AMD Opteronプロセッサを最大4個搭載可能なラックマウントサーバ「if Server DL585シリーズ」を発表した。同日受注を開始し、6月下旬に出荷を始める。

 if Server DL585シリーズは、Opteron 842(動作周波数1.6GHz)、同844(同1.8GHz)、同848(同2.2GHz)のいずれかを最大4個搭載できる4Uサイズのラックマウントサーバ。2-WayインターリーブPC2100 DDRメモリを最大64Gバイト内蔵可能で、64ビットPCI-X I/Oスロットが8つある。

 ハードディスク装置(HDD)の障害発生時にはシステム稼働中でもHDD交換可能なホットプラグ対応ドライブベイを持つほか、ホットプラグ対応冗長電源と冗長ファンも備え「高い信頼性を実現する」(同社)。また、マイクロソフトクラスタサーバ(Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition)にも対応する予定。

 管理機能としては、電源制御などを遠隔管理できる「内蔵Lights-Out」機能をオンボードで搭載し、サーバ監視ツール「Insightマネージャ7」が標準添付される。

 各モデルの税込み価格は以下の通り。

  • AMD Opteron 842 1.6GHz 1CPUモデル:126万円から
  • AMD Opteron 844 1.8GHz 1CPUモデル:136万5000円から
  • AMD Opteron 848 2.2GHz 1CPUモデル:189万0000円から

沖電気工業のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社