お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SourceForge.JPコンパイルファームにOpteron対応Linuxも

2004/03/02 15:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VA Linux Systems Japan(VAリナックス)と日本AMDは3月2日、オープンソースソフトウェア開発支援サイトであるSourceForge.JP内のコンパイルファームで提供される開発環境にAMD Opteronプロセッサ環境が追加されたことを発表した。

 SourceForge.JPのコンパイルファームは、ソフトウェアの動作テストやデバッグ、新アーキテクチャへの移植などを支援することを目的としたオープンソースソフトウェア開発者向けサービス。SourceForge.JPに登録されているオープンソースプロジェクトの参加者は誰でもコンパイルファームを自由に利用できる。これまでx86アーキテクチャのLinux 2.4(Debian GNU/Linux)およびNetBSD、Apple Power Mac G4(Mac OS X)の環境が提供されている。

 このSourceForge.JPのコンパイルファームに対し、VAリナックスと日本AMDは、AMD Opteronプロセッサ搭載サーバにSUSE Linuxをインストールした環境を提供する。AMD Opteronは、日本AMDの64ビットアーキテクチャAMD64をベースとするサーバ/ワークステーション向けプロセッサ。同サービスにより、AMD64アーキテクチャ対応のオープンソースソフトウェア開発が促進されると考えられる。「さらに、AMD64対応64ビットアプリケーションの開発を促進することで、オープンソースソフトウェアの開発コミュニティとユーザーに対し、64ビット環境へのシームレスな移行パスを提供できる」(両社)

VA Linux Systems Japanのプレスリリース
日本AMD

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社