お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ファーストリテイリングが取引データ交換システムをウェブメソッド製品で構築

2004/02/03 16:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ユニクロ」を経営するファーストリテイリングが倉庫/運送会社や取引先などとのデータ交換の効率化に向け、ウェブメソッドの「ウェブメソッド統合プラットフォーム」を導入した。ウェブメソッドが2月3日に明らかにしたもの。同プラットフォームで構築したシステムは、取引先とやり取りするデータの形式をXMLで統一した。

 現在のところファーストリテイリングは、国内の取引先のみを対象に同システムを運用している。将来は縫製などの生産拠点である中国の取引先や、5店舗を展開する英国の倉庫/運送会社とのデータ交換にも利用し、低コストへの取り組みを更に進めるという。

 ウェブメソッド統合プラットフォームについて、ファーストリテイリング業務システム部部長の岡田章二氏は、「スクラッチ開発するよりもはるかに効率的で生産性が高く、将来への拡張性を確保できた」と評価する。

ウェブメソッドのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社