お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝とデンソー、μITRONとWindows Automotiveの共存が可能な車載機器用OS環境とSoCを開発

2003/12/11 16:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝とデンソーは、μITRON仕様のOSと、マイクロソフトの車載機器向けOS、Windows Automotiveの両方を共存できる車載端末機器向けマルチOS環境を共同開発した。両社が12月10日に明らかにしたもの。同環境は、東芝製64ビットRISC型プロセッサTX49シリーズをベースとするシステムオンチップ(SoC)、NAVIEMに搭載できる。

 両社によると、「カーナビゲーションを始めとする車載端末機器では、従来のナビゲーション機能に加え、インターネットに対応した情報サービス機能や、音楽CD/DVDを視聴するといったマルチメディア重視の使い方が増えている」という。こうした環境を実現するには、より高度なOSやSoCが必要となる。そこで両社は、「組み込みシステムの標準技術であるμITRON仕様OSと、マルチメディア対応や通信機能などに優れたWindows Automotiveを同時に活用できるマルチOS環境を構築し、それを搭載可能なSoCを共同で開発した」(両社)。

 なお両社は、12月11日から東京国際フォーラムで開催されるトロンショー2004で、同マルチOS環境をTX49シリーズに搭載した基盤と、NAVIEMに搭載したデンソーのカーナビゲーション機器を展示し、デモンストレーションを行う。

東芝のプレスリリース
デンソー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社