お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立、新型ブレードサーバHA8000-bd/300を発売、3Uにサーバを最大14台

2003/10/27 15:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は10月27日、高さ3U(約133mm)のラックに最大14台のサーバモジュールを搭載可能なブレードサーバ、HA8000-bd/300の販売を本日から始めると発表した。

 HA8000-bd/300は、サーバモジュールHA8000-bd/300SA1と、シャーシHA8000-bd/30030Uで構成する。1台のシャーシが14台のサーバモジュールに対応しているので、高さ38U(約1m69cm)のフルラックにサーバモジュールを最大168台搭載できる。同社製1Uラックマウント型サーバと比べると、設置面積は4分の1程度になる。

 サーバモジュールのプロセッサは、動作周波数2GHzの低電圧版インテル Xeonプロセッサ。同社のインテル Xeonプロセッサ搭載モデルに比べ、消費電力が最大約分の1で済むという。

 シャーシには、サーバモジュールのほかギガビットの通信ポートを3基備えVLAN機能を持つスイッチモジュール、さまざまな運用サポート機能を実現するためのマネージメントモジュールなどを搭載できる。その結果、「モジュールごとに冗長化して可用性を高められる」(同社)。

 また、複数サーバモジュールへのOSやアプリケーションの一括インストールが可能なため、システム導入/保守(バックアップ)作業の効率が上がるという。「マネージメントモジュールと各モジュールは管理用の専用チャネルで接続しているので、サーバモジュールのデータ転送性能に影響を与えず装置の運用管理が行える」(同社)

HA8000-bd/300

 サーバモジュールとシャーシの主な仕様、希望小売価格、出荷時期は以下の通り。

【サーバモジュール(HA8000-bd/300SA1)】

  • プロセッサ:動作周波数2GHzの低電圧版インテル Xeonプロセッサを1つ搭載可能
  • キャッシュメモリ:8Kバイト(1次、L1データキャッシュを含む)、512Kバイト(2次)
  • メモリ:512Mバイト〜2Gバイト
  • ハードディスク:40Gバイト(IDE)
  • ディスクコントローラー:UltraATA/100
  • ネットワークインターフェース:ギガビットEthernet(SERDES仕様)×2
  • 対応OS:Windows Server 2003, Standard Edition、Windows 2000 Server、Red Hat Enterprise Linux
  • 希望小売価格:35万円より
  • 出荷開始時期:11月4日

【シャーシ(HA8000-bd/30030U)】

  • 搭載可能モジュール数:サーバモジュール(最大14)、スイッチモジュール(標準1、最大2)、マネージメントモジュール(標準1、最大2)、電源モジュール(標準2、最大3)、ファンモジュール(標準2)
  • ネットワークインターフェース:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×3(スイッチモジュール1台当たりのポート数)
  • 管理インターフェース:100BASE-TX/10BASE-T×1(マネージメントモジュール1台当たりのポート数)
  • 外形寸法:3Uラックマウントサイズ(幅426×奥行き675×高さ130mm)
  • 質量:43kg(最大構成時)
  • 最大消費電力:990W
  • 希望小売価格:109万円より
  • 出荷開始時期:11月4日

日立製作所のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社