お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大塚商会、十勝沖地震被災者を対象に、データ復旧サービスを半額で提供

2003/09/29 18:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会は9月29日、「平成15年十勝沖地震」被災者を対象に、記憶メディア復旧サービスを半額で提供すると発表した。期間は10月31日まで。

 この「データ復旧サービス」は、災害やウイルス被害、操作ミスなどでデータが読み出せなくなった装置や媒体から、データファイルを復旧させるもの。論理障害で約90%、物理障害で約65%の復旧が可能だという。対応メディアは、FD、HDD、光磁気ディスク、バックアップ用記憶メディアなど。Windows、Macintosh、UNIXなどほとんど、全てのOSに対応している。

 サービスを受けるためには、問題が発生した端末やHDDを大塚商会に送付。ウェブサイトもしくはデータリカバリーセンターから申し込みを行う。復旧されたデータは、CD-Rなどの媒体に格納して返却される。1GBのデータ復旧価格は通常43万6000円(調査費除く)。

 同社では、平成12年9月に発生した東海地方での水害や、平成13年3月に発生した芸予地震においても同様のサービスを展開、50件程度の対応をしたという。

大塚商会データリカバリセンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社