お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、企業向けIMサーバ製品のボリュームライセンス受付を開始

2003/09/11 15:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月11日、企業向けインスタントメッセージング(IM)サーバMicrosoft Office Live Communications Server 2003の日本語版について、ボリュームライセンスの申し込み受付を11月4日に始めると発表した。パッケージ製品の発売は2004年1月下旬の予定。

 Live Communications Serverは、IMや音声通話、ビデオ会議などを組み合わせたメッセージソリューションを提供する企業向けプラットフォーム。相手の状態(プレゼンス)を知ることができるので、「状況に応じて適切な方法でコミュニケーションが取れる」(同社)。またMicrosoft Office SystemやWindows SharePoint Services、SQL Server 2000 Notification Servicesと連携させると、Microsoft Office Systemの各アプリケーションや企業ポータル、業務アプリケーションとも統合できる。

 またSession Initiation Protocol(SIP)およびSIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)などの業界標準のプロトコルに対応しているので、公衆交換電話網のような既存の通信基盤との接続/統合も可能であるという。メッセージの暗号化やセキュリティプロトコルによる認証機能も備えていることから、「高度に安全なメッセージング環境を実現できる」(同社)。

 同製品のボリュームライセンスはオープン価格とするが、予想小売価格は以下の通り。

  • Microsoft Open License Business:
    新規購入ライセンス(14万1000円)、ライセンス&ソフトウェアアシュアランス(19万4500円)
  • Microsoft Open License Academic:
    新規購入ライセンス(5万7500円)、ライセンス&ソフトウェアアシュアランス(7万9300円)
  • Microsoft Select License(Level A):
    新規購入ライセンス(8万9200円)、ライセンス&ソフトウェアアシュアランス(14万円)

 また同製品のパッケージ版もオープン価格とするが、同社は小売価格を17万円と見込む。学生/教育関係者のみが購入可能なアカデミック版の予想小売価格は8万6800円。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社