お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

レッドハットと日本BEAシステムズ、システム基盤市場へのLinux普及促進に向け関係強化

2003/09/10 15:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットと日本BEAシステムズは9月10日、Linuxベースの共通システム基盤構築ソリューション分野で協業関係を強化すると発表した。またBEA WebLogic Platform 8.1JのRed Hat Enterprise Linux AS対応版は、同日より日本BEAのパートナー企業を通じて出荷することも明らかにした。

 この協業は、米BEA Systemsと米Red Hatの提携関係を受け、国内市場でも両社の関係強化を図るものという。その目的については、「企業向けシステム市場においてLinuxシステムを普及促進させる」(両社)と説明する。

 今後両社は、日本BEAの共通システム基盤製品BEA WebLogic Platform 8.1JとJAVA仮想マシンBEA WebLogic JRockitに、レッドハットのエンタープライズLinuxプラットフォームRed Hat Enterprise Linux ASを融合させたソリューションの開発を共同で進める。さらに、同ソリューションに関わるサポートも共同提供する。

 対象とする顧客としては、Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)を用いて既存基幹系システムやERP、CRMなどのパッケージ業務アプリケーションを連携させビジネス統合を図る企業、Webサービスを活用して企業内外のアプリケーション連携を図りたい企業、さまざまなアプリケーションや情報を集約した企業情報ポータルを構築したい企業などを想定している。

レッドハットのプレスリリース
日本BEAシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社