お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シャープ、アクセスタイム60nsの「業界最高速」フラッシュメモリを発表

2003/08/29 16:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月29日、記憶容量128Mビット、アクセスタイム60nsという「NOR型としては業界最高速」(同社)のフラッシュメモリLH28F128BFを開発し、9月より量産を開始すると発表した。

 同社によると、携帯電話機はカラー化やカメラ搭載の影響で、保存するプログラムやデータの容量が大きくなっているという。さらに、「ゲームや動画などのアプリケーションを軽快に動かすため、アクセス速度の速いメモリが求められる」(同社)。また液晶テレビやセットトップボックスにおいても、「2003年末より開始される地上波デジタル放送に対応するため、プログラムや番組表の格納、画像補正処理などで、高速アクセス/大容量タイプのメモリが必要になる」(同社)

 LH28F128BFは、ノーマルアクセスタイム60ns、高速ページモードアクセス20nsで、「アクセスタイムの高速化により、携帯電話などにおける動画処理やアプリケーション実行時の動作性能向上に貢献する」(同社)。同メモリと大容量RAM(SmartcomboRAM)、ローパワーSRAMを積層したマルチチップパッケージの対応も可能という。

 そのほかの主な仕様は以下の通り。

  • メモリパーテション構成:16+24+24+24+24+16(単位:Mビット)
  • 電源電圧:3V
  • 読み出し電流:25mA(ノーマルアクセス時)、5mA(ページモードアクセス時)
  • デュアルワーク機能:あり
  • パッケージ(単品):56ピンTSOP、14×20mm
  • パッケージ(マルチチップ):72ピンFBGA(CSP)、8×11mm

シャープのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社