お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTネオメイト、国内初、UNIXサーバーのデータ内容消去サービス

2003/07/09 10:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTネオメイト(西村憲一社長)は7月8日、機密情報や顧客情報などの重要な情報を取り扱うサーバー向けに、国内初のUNIX機データ内容消去ソフトウェアを自社開発、10日から企業などへのトータルソリューションの一環としてサービスを提供していくと発表した。

 同社では、すでにパソコンやサーバーのハードディスクの情報(データ)を特殊な方式で上書き消去するDOS/V用のソフトウェアを自社開発しており、昨年9月からNTTネオメイトグループ17社で「Neo'z NEODELETE『HDデータ内容消去サービス』」を提供している。今回のUNIX機向けサービスの提供によって、企業の重要な情報を取り扱う基幹系システムのデータ消去ニーズに対応していく。

 ソフトウェアの主な機能は、

  1. 1GBあたり90秒(上書き1回)という世界トップクラスの消去スピード
  2. 最大7台までのHDを同時に消去
  3. 米国国防総省の規格に準拠した方式
  4. データの痕跡が最も残りにくいとされるGutmann方式
  5. 消去日時、HD型式/容量、消去結果をログとして保存する管理機能

 ――など。

 また、提供するサービスでは、

  1. 社内資格認定者によるデータ消去作業および消去完了後の検査の実施
  2. 専用梱包箱と封印による輸送
  3. NTTビルを利用した専用消去工場
  4. 消去作業時は監視員を配置
  5. インターネット経由でユーザーにも消去作業を配信
  6. 消去完了証明書の発行
  7. シリアル番号、顧客除法など、実施内容のシステム管理

 ――など、徹底したセキュリティ管理を実施する。

 対応機種は、サン・マイクロシステムズ製UNIX機(CPU:SPARC*プラットフォーム 32/64ビット、CD-ROMドライブ)で、消去可能なハードディスクは、サン・マイクロシステムズ製UNIXのIDE、またはSCSI接続のハードディスク。

 データ消去は、「標準グレード」が米国国防総省のセキュリティガイドラインに準拠し、データ内容を4回上書きする。「ハイグレード」が理論上最高のGutmann方式で、データ内容を36回上書きする。サービスメニューは、「出張メニュー」と「お預りメニュー」を用意した。

 価格は個別見積り。見積り例は、UNIX機のHD10台を出張によるデータ消去した場合のサービス提供料金が、データ消去料金で5万円、出張料金で7000円。サービス対象となるエリアは、西日本エリア(富山、岐阜、静岡県以西の30府県)および首都圏。

NTTネオメイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社