お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三菱電機、IAサーバの新モデル2機種を発表

2003/06/24 17:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は6月24日、IAサーバ「三菱サーバコンピュータFT8600」シリーズの新製品として、フロアスタンド型のミッドレンジ最上位機「モデル200Ma」と、卓上でも使える1Uラックマウント型の省スペース機「モデル110Ra」の2機種を6月27日より販売すると発表した。

 両モデルの仕様/価格は以下の通り。

【モデル200Ma】

  • プロセッサ:ハイパー・スレッディング・テクノロジ対応Xeon(2BGHz、2.80BGHz、3.06GHzのいずれか)を最大2個搭載可能。2次キャッシュ容量は512Kバイト
  • チップセット:米ServerWorksのServerWorks GC-LE。システムバス(FSB)クロック周波数は533MHz
  • メモリ:DDR266 SDRAMを256Mバイト(標準)〜6Gバイト(最大)
  • ハードディスク:Ultra320対応ディスクコントローラ内蔵。ディスクレス/18Gバイト/36Gバイト/73Gバイト/146Gバイトのディスクを最大10台まで搭載可能
  • 拡張スロット:64ビットPCI-X(133MHz)×1、64ビットPCI-X(100MHz)×2、32ビットPCI(33MHz)×3
  • LAN:1000Base-T Ethernet×2
  • その他:冗長ファン(標準)と冗長電源(オプション)を用意
  • 価格:49万8000円より

【モデル110Ra】

  • プロセッサ:Pentium 4(2AGHz、2.60GHzのどちらか)。2次キャッシュ容量は512Kバイト
  • チップセット:インテルのi845。FSBクロック周波数は400MHz
  • メモリ:128Mバイト(標準)〜3Gバイト(最大)
  • ハードディスク:UltraATA 100対応ディスクコントローラ内蔵。ディスクレス/IDE(80Gバイト、120Gバイト)/SCSI(18Gバイト、36Gバイト、73Gバイト)のディスクを最大2台まで搭載可能。SCSIディスクはオプションのUltra320 SCSIコントローラ使用時のみ選択できる
  • LAN:100Base-TX Ethernet×2
  • 価格:19万8000円より

三菱電機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社