お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Linuxのカーネル2.4.21が正式リリース

2003/06/16 09:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現行Linux製品の中核コードであるカーネルの新バージョンが、13日(米国時間)にリリースされた。今回の新バージョンは、昨年11月以来初めての主要な改訂となる。

 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds、メンテナンス担当のMarcelo Tosatti、そして主要なLinux開発者たちが、Linuxカーネルの2.4シリーズの最新安定バージョンとなる、2.4.21をリリースした。2.4.21ではさまざまな新デバイスのサポートが追加されたほか、ソフトウェアのバグが修正された。また、米Advanced Micro Devices(AMD)の64ビットOpteronプロセッサもサポートされた。

 2.4シリーズのカーネル開発を監督しているTosattiと、Linuxカーネルを最初に開発し、現在はカーネル開発プロセスを取りまとめているTorvaldsは、SCO GroupのLinux訴訟による議論が渦巻く中、最新バージョンのカーネルに署名し、リリースに踏み切った。

 UNIXベンダーのSCO Groupは、同社の保有する独自のコードをコピーし、Linuxカーネルに含めたとして、IBMを提訴している。IBMは13日までに、SCOの要求通りSCOのUnixライセンス条件に従わなければ、ライセンスを取り消されることになる。しかしIBMは、何も間違ったことはしていないと主張しており、SCOの要求に屈する様子はなさそうだ。

 Torvaldsは当初、Linuxカーネルの次バージョン2.6を今月リリースすると予測していた。Tovaldsは昨年10月に、既存の問題を解決するため、次世代のカーネルに盛り込む機能を凍結していた。

 新カーネルは、Linux開発サイトKernel.orgからダウンロードできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社