お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通とボーランド、アプリケーションサーバのJava開発ソリューションで提携

2003/06/03 15:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドと富士通は6月3日、富士通のInterstage Application Server向けJava開発ソリューションの強化に関して、両社が世界規模で提携したと発表した。

 「ボーランドのJava開発ツール、JBuilderで開発したJava(J2EE)/XMLアプリケーションを、Interstage Application Serverに容易に移行して実行できるように協力する」(両社)

 富士通のInterstage Application Serverは、プログラムの実行環境、データベースへの接続、複数処理を連携するトランザクション管理など、処理の流れを制御するビジネスロジックを実装するアプリケーション・サーバ・ミドルウェア。「Webサービスの最新機能を取り込んでいる」(富士通)

 この提携により、富士通はInterstage Application Server向けJava(J2EE)/XMLアプリケーションの開発を容易にするプラグインツールを開発し、同ツールを組み込んだJBuilderを販売する。

 またボーランドは、富士通への技術トレーニングとプラグインツールの開発支援を行い、同ツールを6月中旬より同社ウェブサイトで無償公開する。同プラグインツールは、JBuilder 8 EnterpriseとJBuilder 8 Performance Bundleから順次対応していくという。

富士通のプレスリリース
ボーランドのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社