お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

国内セキュリティアプライアンスサーバ市場、2007年には256億円規模へ

2003/05/07 11:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT関連調査会社のIDC Japanは5月6日、「2002年における国内セキュリティアプライアンスサーバ市場の出荷金額は183億円となった」などとする調査結果を発表した。

 IT投資は全般的に冷え込んでいるものの、情報セキュリティに対するユーザー意識の高まりや、政府による企業情報セキュリティ対策の促進策などが支えとなり、セキュリティ関連製品に積極的な投資が行われたという。IDC Japanは、市場は2003年以降7%の平均年間成長率で拡大し、2007年には256億円の規模にまで達すると見込んでいる。

 2002年の国内市場を製品の機能分野別にみた場合、ファイアーウォール/VPN(Virtual Private Network)アプライアンスの出荷金額ベースのシェアが96.1%と市場の大半を占めた。

 出荷金額ベースのシェアをベンダー別でみると、シスコシステムズが21.9%となり、首位を獲得した。同社には、「セキュリティアプライアンスをネットワークの主要な構成要素の一つとして提案できる、トータルネットワークソリューションベンダーとしての強みがある」(IDC Japan)という。

 シスコシステムズに次いだのが、ノキアとネットスクリーンで、両社のシェアはともに18.9%だった。IDC Japanによれば、ノキアは中・大規模ユーザー向けの製品でシェアが高く、ネットスクリーンは低価格の製品に強みを持つという。

IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社