お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows Server 2003がハイエンドUNIXサーバ市場を切り崩す

2003/04/28 17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間4月24日にリリースした新サーバOS、Windows Server 2003により、ハイエンド市場におけるUNIXサーバの独占が崩れるかもしれない。

 Windows Server 2003は、Intelの64ビットプロセッサItaniumを搭載するサーバで動作する。この組み合わせは、今まで食い込むことのできなかったバックエンド用の強力なコンピュータの市場に同OSを進出させ、同時にItaniumサーバの顧客を増やすという可能性も持っている。

 これまで何年ものあいだ、Microsoftはローエンドサーバ市場で圧倒的な力を誇ってきた。したがって今後は、ハイエンドサーバ市場に目を向けた大規模な戦略的変更がもたらされることになる。Windows Server 2003のなかでもっとも大規模用途のDatacenter Editionは、最大64個のプロセッサを搭載するサーバ上で動作する。これは、IBM、Hewlett-Packard(HP)、Sun MicrosystemsのUNIX対応サーバに取って代わるもの、つまり、Microsoftの重要な戦力となりうるのだ。

 Windows Server 2003により、サーバ市場に新たな可能性が出てきた。IntelはItaniumでハイエンドコンピューティング市場の征服を狙っており、HPはハイエンドコンピュータとローエンドシステムを拡販する新たな手段を手にした。またDell Computerは、Itaniumベースのサーバを同OSと同時に発表し、シェア拡大の加速を図る。

 さらにMicrosoftは、2世代前のサーバOSであるWindows NT 4から、Windows Server 2003への置き換えを進めるたいと考えている。「今でも数100万台のサーバがWindows NT 4を使っている。当社はこれをWindows Server 2003にアップグレードさせるため、最大の力を販売活動に注ぐ」(同社最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer)

 また、DellのWindows OS&アプリケーション担当副社長のJim Tottonは次のように述べている。「Windows NT 4を使用している顧客はOSのアップグレードが必要と考えているのだが、いまだ移行できないでいる。当社では、こうした顧客がWindows 2000ではなくWindows Server 2003に向かうと見ている。(Windows Server 2003は)Windows 2000よりも速いペースで導入が進むだろう」(同氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社