お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米モンタビスタ、Javaアプリ開発環境「WebSphere Studio Device Developer 5.0」を発表

2003/04/23 16:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米MontaVista Softwareは米国時間4月22日、MontaVista Linux Professional Edition 3.0用のJavaアプリケーション開発環境、IBM WebSphere Studio Device Developer(WSDD)5.0を発表した。

 WSDDは、オープンソースでベンダ非依存の開発ツール、Eclipseをベースにしているという。「Javaアプリケーションの開発、製品展開、テスト、管理を行うためのソリューションであり、次世代スマートデバイス向け組込みJavaアプリケーションを構築できる」(MontaVista)

 同環境では、統合開発環境WSDD Integrated Development Environment(IDE)に加え、J2MEの認証ランタイム環境であるWebSphere Micro Environmentと、カスタム化可能なランタイム環境、WebSphere Custom Environmentを提供する。

 WSDD 5.0は、MontaVista Linux Professional Edition 3.0プラットフォーム上のビルド済み製品として、2003年第2四半期にリリースする予定である。また、MontaVista LinuxConsumer Electronics Editionユーザーの追加オプションとしても提供する。

MontaVista Softwareのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社