お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2003年度の情報化投資は前年比9.5%増へ

2003/03/25 12:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本政策投資銀行は3月24日、国内主要産業における2002年度の情報化投資実績見込みと、2003年度の情報化投資計画について調査した結果を発表した。同調査は、国内の民間企業約1400社を対象に実施したもの。

 それによると、2002年度は非製造業の投資額が前年比1.0%減の5535億円、製造業が同4.4%増の3132億円となり、全産業では同0.9%増の8667億円となる見込み。

 また2003年度は、小売りや電力を中心に非製造業全体における投資が急伸し、前年比13.4%増の3519億円へ成長するという。製造業ではソフトウェアに対する投資が拡大し、同2.7%増の1833億円となる。全産業では前年比9.5%増の5352億円になる見通しである。

 なお、ここでいう情報化投資とは、有形固定資産、ソフトウェア開発費などの無形固定資産、新たに発生するリース契約、パソコンや事務関連機器で費用処理されるその他の諸経費を指す。

日本政策投資銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社