お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

1億5000万ドルのITサービス業務を受託したIBM

2003/03/24 10:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クレジットカード処理業務を行うCertegyが3月21日に発表した契約内容で、同社の米国におけるメインフレーム管理業務の委託先をElectronic Data Systems(EDS)からIBMへと移管することが分かった。今回の内容は、10年間契約で1億5000万ドルあまりに上る取引額になる。IBMはすでに、英国とオーストラリアにあるCertegyにはサービスを提供している。Certegyによれば、今回の取引により、コスト削減や将来にわたる運用の柔軟性が実現できるという。業務移管は2003年の第3四半期までに完了し、2004年からは1株あたり3セントの収益が望めるだろうという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社