お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝、第3四半期ノートPC出荷台数が36%増と好調、年度で黒字確保へ

2003/01/30 09:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月29日、平成14年度第3四半期(平成14年10−12月)の連結決算概要を発表した。それによると、売上高は対前年同期比8%増の1兆3143億円、営業利益は前年同期のマイナス697億円から大幅な改善を見せ、わずかだが24億2700万円の黒字になった。

 好調だったのは、最大事業部門であるデジタルメディア部門で、19%増の4432億円となった。ノートパソコンが台数では36%増という大きな伸びを示し、海外向けのDVDプレーヤー、国内向けのDVDレコーダー、国内向け携帯電話も好調だった。

 パソコンは、年度目標380万台はクリア、価格競争がシビアな中で黒字は確保できる見通しとしている。また、電子デバイスも26%増の3259億円となった。

 通期については、売上高5%増の5兆6500億円、営業損益1300億円、税引前利益400億円の目標をおろさずにいく方針。あらゆる分野で、価格下落傾向が顕著なことが最大の課題で、営業損益1300億円は厳しい目標だが、あきらめずに挑戦するとしている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社