お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

トランスメタがセキュリティー機能でインテルと差別化

2003/01/15 19:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Transmetaは、Crusoe TM5800プロセッサーにセキュリティー機能を組み込む計画を、米国時間1月14日に発表した。個人情報などの機密性の高いデータの保護を目的とする。

 TM5800に暗号化エンジンを搭載し、デジタル認証や暗号鍵を保存できるようにする。「パソコンメーカーは、パスワードや個人情報の保護を強化した製品を製造することができる。主に、無線通信を行うノートパソコンでの利用を想定している」(Transmeta)という。

 プロセッサーにセキュリティー機能を組みこむという手法は、基本的にセキュリティー機能を無償提供することになる。これにより、Transmetaは主要ライバルである米Intelとの差別化を図る。Intelのプロセッサーでセキュリティーを強化しようとする場合、別途セキュリティー向けチップを加えるか、セキュリティー関連のソフトウエアを追加する必要がある。「新たにチップを加えるとなるとコストがかかる上、パソコンの設計が複雑化する」(Transmeta)

 なお、Intelは暗号化技術を備えたチップセット(パソコン内のデータ処理に使用するもの)は製造しているが、同技術をプロセッサーには組みこんでいない。

 セキュリティー機能を組み込んだTM5800は、2003年後半に出荷する予定である。

 またTransmetaは、新たなノートパソコン用プロセッサーの開発を進めている。Astro(開発コード名)と呼ばれるそのプロセッサーは、TM5800ファミリーより消費電力が少なく、性能も優れているという。ちなみに、既存のTM5800ファミリーの製品で最も速い動作周波数は1GHzである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社