お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDI、モバイルWiMAXの実証実験に成功

2005/06/29 21:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは6月29日、モバイルWiMAXと呼ばれる高速無線通信技術「IEEE802.16e」の 接続実験に成功したと発表した。7月からは性能評価を目的に本格的な実証実験を開始する。

 802.16eはIEEE(米電気電子学会)で標準化が進められている通信規格。時速120kmの移動環境でも通信速度が15Mbps(周波数5MHz幅利用時)で安定した通信が可能になる予定だ。KDDIは802.16eの仕様策定の中心メンバーの1社として参画している。

 今回行った実験は2GHz帯を利用したもので、大阪の福島区、中央区、西区、北区の4カ所で行われた。802.16eは仕様策定中のため、ドラフト段階の仕様に基づいて実験を行った。KDDIは6月8日に無線局の実験局免許を取得したという。802.16eに準拠した無線システムの移動環境における無線伝送実験を行い、基礎データを取得した。

 7月からは100台以上のPCカード型端末等の移動局を使用して実験を行う。具体的にはマルチキャストやCDMA2000 1x EV-DOとのハンドオーバーなど、都市部における第3世代携帯電話システムを補完する無線方式としての性能を評価する予定だ。

KDDI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社