お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニーエリクソン、イギリスで携帯電話の充電器をリコール

2003/09/12 22:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sony Ericssonは、欠陥の見つかった携帯電話用充電器を数十万台リコールした。この充電器は爆発したり、感電したり、さらには火災を発生させる可能性もある。

 Sony Ericssonは、英国で35万台の携帯電話用充電器をリコールした。爆発を引き起こす可能性のある欠陥が原因で、プラスチック部品が飛び散り、配線が露出することもあるという。

 タイのDeltaというメーカーが作った品番CST-13の携帯電話充電器は、ソケットに「BML 162 099/3 R1A 」の識別番号があり、他のBluetoothのハンズフリーアクセサリとともに、Sony Ericssonの携帯電話T68i、T300、T310、T610に付属している。充電器はまた、単品でも販売されていた。

 Sony Ericssonによると、充電器内部の圧力が上昇すると表面のプラスチック部分が破損し、人にぶつかる危険がある。この問題が起こった場合、内部の電子部品が外から見える状態になり、感電や火災が生じる可能性もあるという。

 Sony Ericssonの広報担当、Richard DormanはZDNet UKに対し、何がこの問題の原因なのかははっきりとはしていないが、ガスが関係しているのではないかとみていると語った。「部品は超音波で接着されているので、圧力が上昇した際にガスがどこからも逃げられなくなっている。圧力上昇の原因はまだ調査中だ」

 Darmanはこの欠陥が報告されたのはまだ10ケースしかなく、けが人は出ていないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社