お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米TI、無線LAN 802.11 RF技術の米新興企業を買収

2003/07/31 14:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Texas Instruments(TI)は米国時間7月31日、無線LAN 802.11 RF(高周波)技術を手がける米Radia Communicationsを買収したと発表した。TIはこの買収により、「無線LANのメディア・アクセス・コントローラー(MAC)、ベースバンド、RFをすべて供給できるようになり、802.11a/b/g製品や無線LANを搭載するブロードバンド機器、携帯電話、デジタル情報家電の開発期間を短縮できる」(同社)という。

 Radiaは、2002年5月に設立されたばかりのファブレス半導体企業。802.11アプリケーション向けRFソリューションを専門とし、通信、ネットワーキング、無線システム向けRFの設計を手がけている。

 TIとRadiaはすでに、802.11b/gおよび802.11a/b/g製品の参照デザインを共同で開発している。同デザインの802.11b/g規格は「Wi-Fi CERTIFIED」に準拠し、メーカー間での相互接続が可能なことを実証済みという。

 TIの副社長兼ブロードバンド・コミュニケーション・グループ担当部長のJoseph Crupiは、「買収によって、RF関連の専門知識をもつエンジニアと製品ラインを強化できる。当社の無線LAN組み込み製品に向けた取り組みに弾みがつくだろう」と述べた。

日本テキサス・インスツルメンツ
Texas Instrumentsのプレスリリース(英文)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社