お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HPE、第1四半期決算は予想上回る--ネットワークが好調

2016/03/04 10:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間3月3日、予想を上回る2016会計年度第1四半期決算(1月31日締め)を発表した。第2四半期の見通しは、アナリストの予想とほぼ一致する内容だった。

 第1四半期の売上高は前年同期比3%減の127億ドル、利益は3億ドル(調整後の1株当たり利益は15セント)。非GAAPベースの調整後1株当たり利益は41セントだった。

 アナリストらは売上高を126億8000万ドル、非GAAPベースの調整後利益を1株あたり40セントと予想していた。

 HPEは第2四半期の見通しについて、非GAAPベースの調整後利益が1株あたり39~43セントになるとした。アナリストらは同四半期の見通しとして売上高を123億ドル、非GAAPベースの利益を1株あたり42セントと予想していた。

 また同社は2016年通期見通しとして、非GAAPベースの調整後利益が1株あたり1.85~1.95ドルになると発表した。

 部門ごとに見ると、業績は以下のように明暗入り交じった内容となっている。

  • エンタープライズグループの売上高は前年同期比1%増の71億ドルだった。そのうち、ネットワーク関連の売上高は54%増となったが、サーバとストレージの売上高はそれぞれ1%減と3%減となった。
  • エンタープライズサービスの売上高は前年同期比6%減の47億ドルだった。
  • ソフトウェアの売上高は前年同期比10%減の7億8000万ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社