お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米アマゾン、日本で約140億円の追徴課税--二国間で協議か

2009/07/06 18:58

 米Amazonが日本における販売業務をめぐって、約1億1900万ドルの追徴課税を東京国税局から受けていたことがわかった。Amazonはこの指摘を不服として、日米の二国間協議を申請している。

 一部報道によると、今回、課税対象となったのは北米以外の販売業務を統括するAmazon.com International Sales。日本での販売業務をアマゾン ジャパン、物流業務をアマゾン ジャパン・ロジスティクスに委託しており、その売り上げ分については米国に納税していた。

 日米租税条約では、事業をするための「恒久的施設」を日本に持たない米国企業は日本に納税する必要はなく、倉庫は恒久的施設には含まれない。しかし、東京国税局はアマゾン ジャパン・ロジスティクスが実質的にAmazon.com International Salesの支社として事業を運営していたと認定し、追徴課税に踏み切った模様だ。

 課税対象は2003年から2005年までの3年間で1億1900万ドル。指摘のあった2007年のレートに直すと、140億円前後となる。Amazonは2008年の年次報告書でこのことを公表した。

 今回の件について、アマゾン ジャパンでは「米Amazonのことになるため、2008年の年次報告書を見て欲しい」とのみ話しており、東京国税局も「守秘義務があるため、一切コメントはできない」とした。

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

車・バイク用スマホアクセ

車・バイク用スマホアクセ
スマホの可能性が広がる便利アクセサリー

おしゃれなサンダル

おしゃれなサンダル
夏のカジュアルスタイルにぴったり♪

アウトドアグッズ

アウトドアグッズ
BBQや山登りなど自然の中に出かけよう

はじめての家庭菜園

はじめての家庭菜園
お庭やベランダで夏野菜を栽培してみよう

G-SHOCKが大集合

G-SHOCKが大集合
タフ&高性能。色々なシーンに頼れる腕時計

タブレットPC特集

タブレットPC特集
プライベートにもビジネスにも大活躍

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社