お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IBM、ソフト開発ツール企業を買収へ

2007/06/12 19:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間6月11日、ソフトウェア開発ツール企業のTelelogicを7億4500万ドルで買収する計画を発表した。

 Telelogicは複雑なアプリケーションの開発に使われるツールを開発する公開企業。スウェーデンを本拠地とし、米国本社はカリフォルニア州アーヴィンにある。世界に約1100人の従業員を持ち、2006年の売上高は2億800万ドルだった。

 IBMは今回、Telelogicに1株あたり3ドル(21スウェーデンクローネ)を買収金額として提示する。IBMの提示金額は、Telelogicの5月31日の株価の終値に21%のプレミアムを上乗せした額で、Telelogicによるとこの日以降、買収の憶測を巡って市場投機が盛んになったという。

 Telelogicのアプリケーションライフサイクル管理製品をつかって、ソフトウェアの設計、作成、テストを行うことができる。Telelogicのツールは、自動車ブレーキシステムや飛行機のレーダーなどの高度な製品の開発に利用されている、とIBMは説明している。

 Telelogicの取締役会はこの取引を支持しており、後は株主の承認を得る必要がある。

 IBMはRationalブランドでアプリケーションライフサイクル管理製品を提供しており、Telelogicのソフトウェアは買収後、Rationalの下に入る。買収は、IBMの売上増加戦略の重要な部分となっている。

 IBMは今週、フロリダ州オーランドで「Rational Software Development Conference」を開催している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社