お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ついに! ゲイツ氏とジョブズ氏が夢のステージへ--D5会場レポート

2007/05/31 13:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE カリフォルニア州カールズバッド発--Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏とMicrosoftの会長であるBill Gates氏が米国時間5月30日、カリフォルニアで開催中の技術関連会議「D: All Things Digital(D5)」で75分間のジョイントセッションに臨んだ。本記事では記者のIna Friedが現場からの情報をお届けする。

 両社ともこの日、D5の会場において、それぞれの新製品やサービスを発表している。Microsoftはテーブル型PC「Microsoft Surface」を披露し、Appleは「Apple TV」がYouTubeのビデオに対応したことを発表している。

 ジョイントセッションが行われる会場には、入りきらないほど多くの観客が押しかけた。また、イベントを映し出すスクリーンの用意された、数百ヤード先の別の会場へと、多くの人が足を運んでいる。

 セッションの冒頭、Jobs氏による「Macintosh Software Dating Game」の様子を映した1983年のビデオが流れた。そこには、ソフトウェア界の有名な3人の重鎮の姿があった。Gates氏、Lotusの共同創立者でもあるMitch Kapor氏、Fred Gibbons氏だ。

 このビデオの中で、青いポロシャツを着た若かりし頃のGates氏はJobs氏に向かい、MicrosoftにとってMacがいかに重要かを説いていた。Gates氏は「Microsoftは1984年に、売り上げの半分をMacintosh関連ソフトウェアから得るつもりだ」と発言している。

 その後、1997年にボストンで開催されたMacworldのビデオが流れた。このMacworldでAppleはMicrosoftとの提携を発表している。Gates氏がMacworldの会場に衛星中継で参加し、会場からはブーイングが起きる様子が、今回のビデオでも映し出されている。

 ビデオが終わると、Gates氏、Jobs氏、そして、カンファレスのホスト役を務めるWalt Mossberg氏とKara Swisher氏が壇上に現れた。Jobs氏は、いつもどおりの黒いタートルネックにジーンズ、テニズシューズといういでたち。一方のGates氏はボタンダウンのシャツに茶色いパンツとシューズという姿だった。

 Swisher氏から両者に向けられた最初の質問は、互いの会社の最も大きな貢献は何か、というものだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社