お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SCO対IBM--米判事、IBMにAIXとDynixの情報開示を命令

2005/01/21 15:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinuxをめぐりIBMとSCO Groupの間で争われている訴訟で、Brooke Wells判事は米国時間18日、IBMに同社の2つのUnix製品AIXとDynixの全バージョンを開示するよう命じた。SCOはIBMの実際のコードのレポジトリへのアクセスを求めたが、判事はこれを却下した。しかし判事はIBMにAIXとDynixに関連する情報を自ら3月18日までに提出するよう求め、情報が提供されなかった場合には、SCOのレポジトリへの「完全なアクセス」が許可されると述べた。さらに判事はIBMに、AIXとDynixの開発に関わった従業員7200名のうち3000名が記録したメモと設計文書を全て提出するよう命じた。

 SCOはこの裁判のなかで、IBMのCEO、Sam Palmisanoをはじめとする同社幹部に対し、Linux戦略に関する証言を行うよう求めている。しかしWells判事は、IBMがこれに応じるべきかどうかの裁定を、IBMの異議申し立て後まで延期した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社