お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

パナソニック、ズームも手ブレも「あとから補正」できる4Kビデオカメラ3機種

2016/01/08 11:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月7日、デジタル4Kビデオカメラ「HC-WXF990M/WX990M/VX980M」(想定税別価格:14万5000円前後/12万5000円前後/10万円前後)を発表した。1月21日に発売する。

 3機種ともに高画質4Kで撮影後、映像を編集できる「あとから補正」を搭載。広角で撮影した4K映像から、お気に入りのシーンを簡単な操作で編集し、フルHD画質で保存できる。


「HC-WXF990M」

 あとから補正には、撮影後に任意の被写体をタッチして、自動追尾する「あとから追っかけ」のほか、ブレた映像を補正する「あとから手ブレ補正」、ズームイン、ズームアウト、パンニングが可能な「あとからズーム」がある。

 レンズはライカによる3段階の認証工程を経た「ライカディコマーレンズ」を採用。4K30p撮影時も高速・高精度で合焦する「4KハイプレシジョンAF」、映像の明暗差を補正して自然な明るさの映像を記録する「HDR動画モード」、撮影中でもピント調整やホワイトバランスを設定できる「マルチマニュアルダイヤル」を搭載した。

 本体のみで4KからフルHDへダウンコンバートができるほか、映画のような映像を撮影できる24p記録にも対応。4K30p映像から、決定的瞬間を約800万画素の静止画として自動切り出しできる「4K PHOTO」も搭載した。

 Wi-Fi機能を内蔵し、スマートフォンの映像を本機に送信して子画面に表示する「ワイヤレス ワイプ撮り」で、3台までのスマートフォンと、本機内蔵サブカメラとの接続も可能だ。子画面を2つ表示して同時に残す「子画面ツイン表示」も新たに搭載した。

 HC-WXF990Mのみ、高画質約155万画素のチルト式ビューファインダーを搭載。ビューファインダーを約60度まで起こして撮影ができる。スロー&クイック/スローズーム/ドリーズームなど、手軽に映像効果を楽しめる「シネマライク機能」も搭載した。

 HC-WXF990Mの本体サイズは高さ78mm×幅68mm×奥行き163mmで、重量は約490g。HC-WX990M/VX980Mの本体サイズは高さ73mm×幅65mm×奥行き161(VX980Mは141)mmで、重量は約445(VX980Mは395)g(いずれもバッテリ含む)。内蔵メモリは3機種とも64GバイトでSDカードスロットも装備する。

  • 「HC-WX990M」

  • 「HC-VX980M」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社