logo

CNET Japan Live 2019

新規事業の創り方--テクノロジが生み出すイノベーションの力

2019年2月19日(火)20日(水) 10:00~御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

テクノロジビジネスの最新情報を提供しているCNET Japanは、これまで「新しいテクノロジが新しいビジネスを生み出す」を標榜してきた。
そして、それが世の中に貢献すると信じ、イノベーションを生み出そうと挑戦する人や企業を応援している。企業やビジネスの成長は、“オープンイノベーション”という言葉に代表されるように、既存ビジネスにとらわれず、絶えず新しいビジネスを生み出していくことにかかっていると言っても過言ではないだろう。
ハイテクからIT、IoTと言葉は移り変わり、AIも活用された今、大中企業、スタートアップ、起業家すべてにおいて、最新テクノロジーをうまく使ってより革新的なビジネスをいち早く生み出せる環境が一段と加速しているとも言える。
しかし、実際にはどの業界でも次々に新規事業を生み出したり、起業したりして、軌道に乗せることは至難の業だ。「そもそも新規事業のアイデアがなかなかでない」「上司が理解してくれない」「事業化が決まってもなかなか社内で進まない」などなど、さまざまな要因があるだろう。
どのようにアイデアを生み出し、いかにして社内外の協力者を得て、スピード感をもってプロダクトやサービスを展開するべきかを、さまざまな実例を含めて議論する。

開催概要

名称 CNET Japan Live 2019
開催日時 2019年2月19日(火)、20日(水)
受付開始:9:15~
講演開始:10:00~
展示会場:12:00~18:00
場所 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター [会場について]
参加費 一部有料、事前登録制
定員 400人
お申込み詳細 CNET Japan Live 2019では、5つのチケットをご用意しております。
Premierチケット(2日券)※2月8日(金)18時迄(早割) \6,480(税込) 2月19日(火)、20日(水)の全セッションに参加いただけます。
Premierチケット(2日券)※2月8日(金)18時以降 \10,800(税込) 2月19日(火)、20日(水)の全セッションに参加いただけます。
P-2-19チケット(Day1)※2月8日(金)18時以降 \6,480(税込) 2月19日(火)の全セッションに参加いただけます。
P-2-20チケット(Day2)※2月8日(金)18時以降 \6,480(税込) 2月20日(水)の全セッションに参加いただけます。
学割チケット(2日券) \4,320(税込) 2月19日(火)、20日(水)の全セッションに参加いただけます。
※当日学生証をお持ち下さい。
Generalチケット 無料 展示会場にご参加いただけます。

DAY1 2.19(Tue)

Keynote

10:10
|
11:00
K-1
ライオン イノベーションラボの挑戦

創業127年の老舗消費財メーカー ライオン株式会社が掲げる「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニー」に向けた新規事業創出部所として誕生したイノベーションラボの設立の背景、そのミッションのご紹介。 さらに具体的な新規事業創出への取り組みとして、イノベーションラボの運営方法や推進中のプロジェクト事例をいくつかお話させて頂きます。

宇野 大介氏

ライオン株式会社

研究開発本部 イノベーションラボ 所長

宇野 大介氏

[プロフィール]

1990年ライオン株式会社入社
歯磨剤の開発、クリニカ ブランドマネージャー、オーラルケア製品の生産技術開発を担当。
2018年より、イノベーションラボ所長。
ライオンが掲げる「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニー」を目指し、新規事業の創出をミッションとする新組織を率いる。現在、未経験の領域に挑戦する、試行錯誤、一喜一憂の日々を送る。

11:05
|
11:55
K-2
準備中
尾﨑 啓志氏

西日本電信電話株式会社

ビジネスデザイン部
オープンイノベーション推進室 チーフプロデューサー

尾﨑 啓志氏

  Track-A Track-B
13:30

14:20
A-1
日本流のイノベーションプロセス、成功の要件

講演概要はこちら

新規事業やスタートアップ協業などでイノベーションを志向する企業が増えていますが、その道のりは簡単ではありません。成功のためには、自社がどんな価値を提供するか、何に取り組むか、どう実現するか?の各プロセスにおいて生じる課題をカバーするプロジェクト設計や体制づくりが重要です。ビジョンデザインや生活者基点での事業開発を支援する電通デジタルと、グローバルで約150社のスタートアップへ投資・育成を行うサムライインキュベートが、デジタル時代において日本企業が勝つためのイノベーションプロセスをご紹介します。

安田 裕美子氏

株式会社電通デジタル

デジタルトランスフォーメーション部門
サービスマーケティング事業部 事業部長

安田 裕美子氏

[プロフィール]

電通入社後、アカウントエクゼクティブとしてCRMプロジェクトやECサービス立ち上げをプロデュース。2012年新設のデジタル組織立ち上げに参画、2016年より創立の電通デジタルに所属。現在はデジタライゼーションによる価値創造をテーマに、新規事業・サービスの開発、顧客プラットフォーム基点のマーケティングトランスフォーメーション、施策マネジメント等に従事している。

成瀬 功一氏

株式会社サムライインキュベート

執行役員 Enterprise Group

成瀬 功一氏

[プロフィール]

2010年大手企業で「新規メディア事業立ち上げ」を経験し、 2013年より外資系コンサルティング会社にて大企業向けの「新規事業創造」「イノベーション戦略」「海外スタートアップ探索・協業・M&A戦略」等、大企業のイノベーションに関わるプロジェクトに従事。並行して2013年より国内スタートアップのインキュベーション事業を推進。現在、サムライインキュベートにて、日本企業を起点にグローバルのスタートアップとのオープンイノベーションや新規事業開発を支援する事業を統括している。

B-1
準備中
14:30

15:20
A-2
ビジネスにAgilityとFlexibilityを与える Data x IoT x AI 最前線

講演概要はこちら

迅速さと柔軟性。これが新規事業を成功させるシステムに求められる重要なキーワードとなっています。
企業・組織にとって「情報」のデジタル化と、作成され、増え続ける「データ」の活用は、重要な課題になっています。他社との差別化たるエンジンとなりうる AI の開発も実用段階に入っています。各種 IT 技術の中でも、AI の進化は特に早く、数か月前の情報が古いという事も増えてきました。
このセッションでは、幾つかの事例を見ていきながら、ビジネスを支える技術に焦点を充てて次の一手を考えるヒントをご提示します。

畠山 大有氏

日本マイクロソフト株式会社

デジタルトランスフォーメーション事業本部・クラウド ソリューション アーキテクト

畠山 大有氏

[プロフィール]

最新技術を必要とする先進的なプロジェクトの技術的な支援と、その学びを共有するために執筆・セミナー登壇を行っている。
得意技術エリア: Media | Search | Big Data | Machine Learning - Deep Learning | DB | Coding

B-2
準備中
瀬川 翔氏

株式会社ディー・エヌ・エー

執行役員 ヘルスケア事業本部長

瀬川 翔氏

[プロフィール]

2010年株式会社ディー・エヌ・エー入社
Eコマース分野での新規事業立ち上げ、事業責任者を経て、2015年5月よりDeNAのヘルスケア事業に参画。2017年より子会社である株式会社DeNAライフサイエンスの取締役副社長COOに就任。2018年より株式会社ディー・エヌ・エー執行役員 ヘルスケア事業本部 本部長に就任。日本の「健康寿命の延伸」に向けて邁進する。

15:30

16:20
A-3
準備中
B-3
企業に属しながら新規事業でWebメディアを立ち上げるリアル

講演概要はこちら

2015年からリブセンスの新規事業担当として入社し、不動産テックメディア「IESHIL(イエシル)」を立ち上げた経緯と流れについて詳しくお話します。
現在、IESHILは会員数約15万人まで成長しましたが、企業に属しながら新規事業を立ち上げるためには、障害や失敗がつきものです。今思い出しても苦しかった思い出がありますが、それを乗り越えたときの達成感は当事者しか知りえない経験や成長です。このような、Webメディアを新規事業として立ち上げるリアルについてお伝えできたらと思います。

芳賀 一生氏

株式会社リブセンス

不動産ユニット

芳賀 一生氏

[プロフィール]

1979年8月生まれ。
コプロシステム、ヤフー、バリューコマース、アマゾンジャパン等で商品企画や新規事業開発に従事。2015年3月からリブセンスにて不動産の価格査定メディア「IESHIL(イエシル)」の立ち上げを担当。2016年5月にはIESHILと賃貸アグリゲーションメディア「DOOR賃貸(ドア賃貸)」を推進する不動産ユニットを新設。2018年1月からはリブセンスとスターツコーポレーションの合弁会社となるフィルライフにて取締役を兼任。

16:30

17:20
A-4
準備中
B-4
準備中

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

参加申込み

DAY2 2.20(Wed)

Keynote

10:10
|
11:00
K-3
戦略から新規事業は生まれない、まずはアイデアより実行

新規事業を起こせと言われても実行には課題が多い。ビジネススクールで習うフレームワークを駆使して事業計画書を書いても新規事業はできない。01ステージで大切なことはとにかく実行、戦略よりどうしてもこれをやりたいという想いやビジョンがないとともかく行動ができない。新規事業素人がもがいた4年をお話します。

大橋 啓祐氏

森永製菓株式会社

新領域創造事業部 執行役員 部長

大橋 啓祐氏

[プロフィール]

1990年、森永製菓入社。量販スーパーを中心に10年以上の営業職ののち商品企画開発に携わる「おっとっと」、「チョコボール」のブランドマネジャー、輸入菓子製品、キャンディー製品の開発統括等を経て、2014年4月より新設された新領域創造事業部の部長に就任。国内食品メーカーとして3期連続のアクセラレータープログラムを実行、プログラム採択企業への出資、ベンチャー留学等を実施。

11:05
|
11:55
K-4
準備中
  Track-C Track-D
13:30

14:20
C-1
準備中
D-1
準備中
14:30

15:20
C-2
企業の新規事業創出プログラムの「運営者」と支援される「社内起業家」が考える企業内起業について

講演概要はこちら

NTTドコモのR&Dイノベーション本部で主催している新規事業創出プログラム「39works」。「未来の”あたりまえ”を創りたい」をスローガンに活動しています。社内起業家がパートナー企業の方々と共にリーンに事業を立ち上げて、高速でPDCAをまわす。その社内事業創出プログラム内容と、そのプログラムがサポートして生まれた雑談対話サービス「かたらい」の説明、そして、プログラム運営者と支援される社内起業家の「リアル」をお伝えできればと思います。

笹原 優子氏

株式会社NTTドコモ

イノベーション統括部
グロース・デザイン担当 担当部長

笹原 優子氏

[プロフィール]

NTTドコモ イノベーション統括部 グロース・デザイン担当 担当部長。
1995年NTTドコモ入社。iモードサービスおよび対応端末の企画、仕様策定にサービス立ち上げ時より携わる。
その後、プロダクト部にて端末のラインナップおよびデザイン・UX戦略を策定。
現在は新事業創出を目的としたプログラム「39works」を運営。

大西 可奈子氏

株式会社NTTドコモ

サービスイノベーション部
第1サービス開発担当 主査

大西 可奈子氏

[プロフィール]

サービスイノベーション部 第1サービス開発担当 主査。
2012年NTTドコモ入社。一貫して自然言語処理、特に対話に関する研究開発に従事。
現在は新事業創出プログラム「39works」において、雑談対話サービス「かたらい」のプロジェクトリーダーを務める。
著書に「いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門」(マイナビ出版)

D-2
準備中
15:30

16:20
C-3
“好きなこと”を貫き新ビジネスに挑戦し続ける猛者たち:パネルディスカッション

講演概要はこちら

「好きなことを仕事にする」というのは理想的かも知れないし、耳心地ののいい言葉かも知れない。だが、「好きなことを仕事にすると疲れて結局嫌いになる」「好きなことをやり続けてもビジネスなんだから収益を追求すれば好きなことばかりやってられなくなり、結局好きなことを嫌いになってしまうのではないか」など、反論もあるだろう。でも、ここに好きなことを貫いて新しいビジネスに挑戦し続けている人たち実際にいる。自分の“好きなこと”を仕事にする動機や覚悟、つらさや楽しみなどを議論する。

伊豫 愉芸子氏

RABO, Inc.

President & CEO

伊豫 愉芸子氏

[プロフィール]

東京海洋大学大学院博士前期課程修了。東京大学大気海洋研究所 佐藤克文教授のもと、ペンギンやオオミズナギドリに小型センサーをつけ行動生態を調査するバイオロギング研究に従事。大学院修了後、株式会社リクルートに新卒入社し、インターネットサービスの企画やプロダクトの設計、新規事業開発を担当。2018年2月22日の猫の日に、株式会社RABOを創業。猫を20年以上飼育し、現在は2歳のショートヘアソマリ♂のブリ丸を飼育中。一般社団法人日本ペット技能検定協会認定キャットケアスペシャリスト/キャットシッター資格所有。

衣斐 秀聽氏

つくるラボ

代表

衣斐 秀聽氏

[プロフィール]

東芝デジタルソリューションズ株式会社 RECAIUS事業推進部 主任 兼 株式会社東芝 デザインセンター 主務として、大企業のメーカーに所属しながら、プライベートでものづくりを行なっているメイカー。メイカースペースを活用することで、オープンイノベーションが加速するという仮説を実証すべく、2017年からハッカソンやコンテストへ出場する活動を開始。その一環として、有志の社会人ものづくりサークル「つくるラボ」を設立し、代表を務める。

松岡 孝昌

朝日インタラクティブ株式会社

鉄道コム編集長

松岡 孝昌

[プロフィール]

1998年、中学生で鉄道ファン向けWebサイトを公開。翌年、tetsudo.comドメインを取得。「鉄道コム」代表となり、複数の学生メンバーとサイト運営を開始。大学卒業後、2006年にヤフー入社。2007年11月にシーネットネットワークスジャパン(現:朝日インタラクティブ)に鉄道コムを譲渡し事業化。同社に入社し、以来鉄道コムの主担当として従事。このたび鉄道コム20周年を迎えた。

別井 貴志

モデレーター

編集統括 CNET Japan編集長

別井 貴志

D-3
準備中
16:30

17:20
C-4
伊勢の老舗食堂が先端テクノロジー提供企業「EBILAB」変貌。~ドッグフード文化が生み出すユーザー企業発のイノベーション~

講演概要はこちら

三重県の伊勢神宮のほど近くで100年近くの歴史を持つ伊勢「ゑびや」は、AIやビッグデータ、BI ツールを駆使した「予測的中率90%超」という来客予測・マーケティング効果測定ツールを自ら開発し、導入前後で売上4倍、利益率10倍を実現する先端テクノロジー活用成功企業としてメディアにも大きく取り上げられている。「サービス業で働く全ての人たちへ データの力でより楽しくスマートに働ける世界を作る」を掲げ、株式会社EBILABを設立。AIや機械学習、ビッグデータを駆使した先進テクノロジ企業として新たに飛躍することを選んだ。「Touch Point BI」誕生、ユーザー企業発のイノベーションの背景に迫る。

常盤木 龍治氏

株式会社EBILAB

エバンジェリスト
最高戦略責任者 最高技術責任者

常盤木 龍治氏

[プロフィール]

プロダクトビジネス一筋18年、国内外の数多くのNo.1シェアプロダクトに携わる。 AI/IoT/Cloud/LeanUX等を得意とするプロダクトデザイナー/軍師/エバンジェリスト。創業100年以上、伊勢神宮内宮そば おかげ横丁にある『ゑびや』の実践の中で鍛え上げた来客予測率90%ごえを実現する飲食/サービス業向け店舗運営プラットフォーム『TouchPointBI』をプロダクト化。EBILAB最高戦略責任者/最高技術責任者/エバンジェリストとして、プロダクト/サービス設計と事業戦略全般、そしてエバンジェライズ全般を担当。

D-4
準備中

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

参加申込み

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブ株式会社よりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報、およびご来場時にいただきます名刺情報は当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報は協賛企業より製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除についてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部 責任者

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

展示

準備中

協賛

メディアスポンサー

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス:

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]