お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「社内の固定席とおさらば! 無線LAN Arubaを使って働き方改革を!!」の巻

プロローグ&登場人物紹介

 働き方改革の一つの形として、自席にとらわれないフリーアドレス型オフィスや、ノートPC、タブレットを用いたペーパーレスの会議など、多様なワークスタイルを導入しようという動きがあります。

 また、事業環境の変化に対応するために組織変更なども頻繁に行われるようになり、社内のネットワーク環境もより柔軟性が求められています。

 このような課題を解決する技術の一つとして、社内LANを無線LAN(Wi-Fi)化することは非常に有効ですが、クライアント数の多い企業ネットワークにおいて、無線LANの導入は、電波の干渉や、セキュリティ、そして速度など、有線LANと比較するといくつかの障壁があります。

 日立ソリューションズが提供するセキュア無線LANシステムArubaは、このような企業内無線LAN構築に適した機能、性能を持ち、企業の働き方改革を、ネットワークインフラからサポートします。

企業内無線LANの課題1:「導入時、事前にいろいろ調査しないといけないのが大変」

イラスト01

 近年では、モバイルデバイスの普及などにより、無線LANネットワークの導入は目覚ましく進み、街中では多くの公衆もしくは企業内、家庭内の無線LAN機器やモバイルルーターなどの電波が飛び交っています。無線LANネットワークはその特性上、電波干渉によって速度が遅くなったり、つながらなくなる可能性があります。

 アクセスポイント(以下:AP)の設置場所によっては、フロアの中でも電波の入りにくいところができることがあります。また、APに接続するPCなどのクライアント端末の台数にバラツキがあると、各APへの負荷の差による通信速度低下を招くこともあります。したがって、安定した無線LAN環境を導入するためには入念な事前の調査、対策が必要でした。

 Arubaは、電波の強さや利用チャンネルを自動で調整する機能である、「ARM機能(Adaptive Radio Management)」を搭載しているため、導入時の事前調査の手間を大幅に軽減でき、容易に導入が可能です。

企業内無線LANの課題2:「PCの場所を移動すると無線LANが遅くなって使いにくい」

イラスト02

 無線LAN接続のクライアント端末を持って移動すると、別のAPがそばにあるはずなのに通信速度が極端に遅くなるという経験をしたことがある方は少なくないでしょう。

 この現象は、無線LAN端末の特性が原因になっています。

 端末は最初に接続したAPへの接続を続けようとするため、移動によって電波が弱くなっても、最初に接続したAPに「貼り付いた」ままになってしまいます。これはSticky(貼り付き)端末と呼ばれ、以前から問題とされていました。

 Arubaはこの問題に対し、常にどのAPが接続先として最適かを判断し、クライアント端末を誘導する特許技術によるClientMatch機能を搭載。

 このClientMatch機能により、Arubaの無線LANネットワーク全体でパフォーマンス低下を防ぎ、安定した通信を実現しています。

提供:株式会社日立ソリューションズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年9月5日