お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ハーツリンク、アジアの海外ショップと日本を結ぶ日本初のEC国際ショッピングモール『Premium Asia』をオープン。同時にインドネシアでも現地初のECショッピングモールを開始。

各種インターネットサービス事業を行うハーツリンク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀内 寛)は、6月より日本初の国際ショッピングモール『Premium Asia』(プレア)をオープンする。従来のショッピングモールは日本のショップが日本人向けに商品を販売する日本国内完結型だったが、プレアはアジアの海外ショップが日本人向けに直接商品を販売できる国際ショッピングモールとなる。

 各種インターネットサービス事業を行うハーツリンク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀内 寛)は、6月より日本初の国際ショッピングモール『Premium Asia』(プレア)[リンク]をオープンする。従来のショッピングモールは日本のショップが日本人向けに商品を販売する日本国内完結型だったが、プレアはアジアの海外ショップが日本人向けに直接商品を販売できる国際ショッピングモールとなる。

 アジア海外ショップのECサイトは数多く存在するが、言語・決済・物流等の障壁により日本人が直接海外から商品購入することは難しい一方、ショップ側も足場のない日本で日本語サイトを開設・運営するにはかなりの資本力・労力が必要で、実質的に両者の直接取引はほとんど行われていないのが現状。そこで、プレアでは簡単にECショップをオープンできる機能をショップ側に提供、集客を行うと共に、翻訳・決済・物流の他、商品の品質管理なども代行することで、両者が国境を越えてストレスなく直接取引できる体制を整えた。

また、アジアオペレーションセンターとしてインドネシアに子会社を設立済み。


 まずは、日本で人気の高いバリ島ショップ商品に代表される、アジア商品を扱うインドネシアショップを中心に10店舗程度でスタートし、今年中にインドネシアだけで60店舗程度まで拡大すると同時に、韓国・タイ等アジア各国に進出予定。

ハーツリンクはショップからの出店料と売上手数料収入で、今年度1千万円、3年後に10億円の売上を目指す。


 さらに、アジア各国ではまだECショッピングモールが本格的に立ち上がっていない状況を踏まえ、進出した各国内に閉じた現地版ショッピングモールも開設予定で、第一弾としてインドネシア版ショッピングモールをプレアと同時にオープンする。アジア各国ではブロードバンドの普及が急速に進んでおり、ネットショップの利用の爆発的な利用が見込める上、プレアで日本向けに出店するショップ基盤をそのまま活用できる強みを活かして各国No.1のECショッピングモールを目指す。


【会社概要】

社名  : ハーツリンク株式会社(HARTZ LINK Co.,Ltd.)

所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東1-27-6 東和渋谷ビル2階

代表者 : 代表取締役社長 堀内 寛

設立  : 2007年1月15日

事業内容: メディアプロデュース事業

      Eコマース事業

      その他関連事業

URL   : リンク


【本件に関するお問い合わせ先】

ハーツリンク株式会社

担当者 : 堀内/山崎

TEL   : 03-6419-8361

e-mail : info@hartzlink.com


以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社