お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

株式会社サムライズ、アプリケーションの脆弱性対策ソフトウェア『Fortify Source Code Analysis Suite』のレンタルサービスを4月1日より開始致します

国内セキュリティ調査会社の2007年度調査によると、『公開されているWebサイトの半数近くにセキュリティ上の問題があり、情報漏洩やシステム停止などの危険にさらされ、外部からの攻撃も7倍以上に増えている』との報告があります。最近では、個人情報や金銭の搾取を目的としたユーザーアプリケーションへの攻撃が急激に増え、ネットワーク及びインフラレベルの防御だけでは守り切れない状況となっています。システムを悪意ある攻撃から守るためには、今やユーザーアプリケーションそのものを強くする必要があります。
サムライズではお客様の検査部門、品質管理部門に対し「Fortify Source Code Analysis Suite」を販売しアプリケーションの脆弱性改善を支援してきました。
一方で、SIer様及びお客様の開発部門からは、開発プロジェクト毎に『 Fortify SCA 』を活用しアプリケーションの脆弱性を考慮した開発を行いたいというニーズが高まっています。
このようなお客様のニーズにお答えするため、サムライズではプロジェクト毎の「期間限定」の使用を可能としたサービスの提供を開始致します。
本サービスを導入されることにより、比較的コンビニエントなツールの導入が可能となる為、今まで断念していた「アプリケーションの脆弱性を考慮した開発」を手軽に実践していただく事が可能となります。中小規模のプロジェクトから始めて頂くには最適です。また、受入検証をされるお客様も、開発会社から納品される時のみツールを使用して脆弱性の有無をチェックする等、効率的な受入検証が可能となります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社