お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

中国と香港の3Gとそれ以降の技術

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行予定です。

中国と香港はひとつの国だが、行政や立法のシステムが異なり、通信の状況も異なっている。香港の中国返還から10年後の2007年10月に、最初のCDMA2000周波数オークションが行われ、中国が今後の香港の通信に影響を及ぼし始めしている。政府が通信業界に介入しているため、中国の3G市場は不透明な部分が大きい。この市場ではどのような改革が行われるだろうか? 中国の4G市場にはこの先何が待ち受けているだろうか?
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「中国と香港の3Gとそれ以降の技術:進化するモバイル市場のモバイルオペレータとベンダのポジショニング」は、規制、技術、端末とインフラベンダの課題、中国と香港におけるオペレータの競合状況を調査し、両地域の市場潜在力を予測している。


◆調査レポート
中国と香港の3Gとそれ以降の技術:進化するモバイル市場のモバイルオペレータとベンダのポジショニング
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社