お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MKI、マイクロソフト製品上で動作可能な資産・障害管理支援ツール 『Asset & Incident support tool』の無償ダウンロードを開始

~インシデント情報、インベントリ情報の一元管理を可能とする拡張機能を提供~

 三井情報株式会社は、マイクロソフト社によるDynamic IT構想の中核であるSystem Center、Forefront 製品の戦略発表に伴い、本日、MKIホームページにて資産・障害管理支援ツール『Asset & Incident support tool』の無償ダウンロードを開始いたします。
 『Asset & Incident support tool』は、IT統制およびITILで求められる構成管理・インシデント管理・変更管理を支援するツールとして、マイクロソフトとMKIのIT統制とITIL対応ノウハウを織り込んで開発しました。

 三井情報株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:増田 潤逸、以下 MKI)は、マイクロソフト社によるDynamic IT構想の中核であるSystem Center、Forefront 製品の戦略発表に伴い、本日、MKIホームページにて資産・障害管理支援ツール『Asset & Incident support tool』の無償ダウンロードを開始いたします。
 『Asset & Incident support tool』は、IT統制およびITILで求められる構成管理・インシデント管理・変更管理を支援するツールとして、マイクロソフトとMKIのIT統制とITIL対応ノウハウを織り込んで開発しました。

 ITILをベースとしたシステム実現のためのソリューションとして、Microsoft System Center Operations Manager 2007(以下OpsMgr)ではインシデント管理機能を、Microsoft Systems Management Server 2003(以下SMS)ではインベントリ管理機能を実現しておりましたが、これまではそれぞれ個別に情報を管理していました。
 今回、『Asset & Incident support tool』をダウンロードすることにより、OpsMgrで管理されているインシデント情報とSMSで管理されているインベントリ情報をMicrosoft Office SharePoint Server 2007(以下、MOSS)の画面上で一元管理できるようになり、システム運用管理者は、クライアントPCやサーバーからのログ情報を一覧できるようになります。また、ITIL Service Deskの基本部分の構築が可能となります。

 以下をお考えのお客様に、是非、このツールをご活用頂きたいと考えています。
 1)EXCELベースでのイベントリ管理・インシデント管理を、もっと効率的に管理したいとお考えのお客様
 2)IT資産の管理の効率化・自動化等をお考えのお客様
 3)ITIL Service Desk(※)を低コストで構築したいとお考えのお客様
 
 ※ITIL Service Deskとは、
 顧客・ユーザ(利用者)からの一元的な問い合わせ窓口で、すべてのITに関する「インシデント」の回答や回避策を提供します。

 『Asset & Incident support tool』を活用することにより、以下が実現できます。
 1)インベントリデータ、インシデントデータの一元管理による管理担当者の運用作業の効率化
 2)標準管理項目(OpsMgr:日付、機器名、事象、対応履歴など、SMS:機器名や設置場所など)以外の資産管理番号や障害管理番号などの追加登録による管理体制の向上
 3)インシデント発生時の担当者へのアラート通知(Outlook連携による)

 『Asset & Incident support tool』ダウンロードURL:
 MKI Webサイト(リンク)よりダウンロード可能です。

 ◆今回のサービス開始にあたって、マイクロソフト株式会社様より以下のコメントを頂いております。

 Microsoft System Center製品に対応した「Asset &Incident support tool」の発表、おめでとうございます。お客様にはMKI様の管理システム構築ノウハウを織込んだ本ツールとSystem Center製品を併せてご利用いただくことで、IT資産管理と障害管理の効率化、および運用コストの削減を提供できると大いに期待しています。今後もITIL・MOFプロモーションなど戦略的協業によってシステム運用市場の拡大を図りながら、お客様のシステム運用環境整備を支援させていただく所存です。

マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部
業務執行役本部長 五十嵐光喜

 MKIのコンサル部門である総合研究所では、これまで、米国404条やJ-SOX対応のPMO支援、IT統制構築及び独立的評価支援で数十社向けにコンサルティング実績があります。過去に主催した内部統制の構築・評価支援セミナーには延べ4,400名以上の方に参加して頂いていますが、最近はIT統制の個別テーマをシリーズで取り上げています。有料の文書化研修と独立的評価研修コースも170社以上に受講を頂いています。
 多くの上場企業において、内部統制の文書化は完了しつつありますが、IT統制については遅れが目立っています。今回のダウンロードサービス開始にあたり、MKI総合研究所は、ITガバナンス評価、IT統制構築コンサルティングの提案の一環として、マイクロソフト製品と資産・障害管理支援ツールをお客様のIT統制強化と不備を是正する切り札と位置付け、ご提案していきます。

用語解説

* Microsoft、Windows Vista は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* 三井情報、MKI、及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
* リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社は、ネクストコム株式会社と三井情報開発株式会社が 2007年4月1日をもって合併し誕生しました。システムインテグレーション、ボイスネットワークインテグレーション、データネットワークインテグレーションを主軸に、インフラからアプリケーションにわたり、コンサルティングから構築、運用・保守に至るまでシームレスなICTサービスをご提供します。お客様から常に選ばれる企業となることを目指し、最先端の技術と高品質なサービスを継続的に提供します。
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IRグループ 酒井/横井
(TEL:03-5847-6037、FAX:03-5641-9031、e-mail:press@ml.mki.co.jp)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社