お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDI研究所とメディアキャスト、ワンセグ対応H.264エンコーダを共同開発

~ワンセグ向けコンテンツ制作環境のコストダウンと高品質化を実現~

株式会社 KDDI研究所(本社:埼玉県ふじみ野市,代表取締役所長 秋葉重幸)と株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区,代表取締役社長 杉本孝浩)は、ワンセグ放送規格に準拠したH.264ソフトウェアエンコーダを共同で開発しました。

ワンセグ放送用の映像を制作するためには,高圧縮を実現するH.264/MPEG-4 AVC符号化技術をベースに、社団法人電波産業会(ARIB)の規定する国内放送規格に準拠したエンコードを行い、更に関連するメタ情報などと共にトランスポートストリーム(TS)として生成・出力する必要があります。そのため、これまでは専用の高価な放送用機材が必要となっていました。

今回の開発は、KDDI研究所が所有する独自の高速・高画質圧縮エンジンを搭載したライブラリ「MP-Factory Ver.5」をベースに、KDDI研究所によるワンセグ向けの符号化における主観画質の最適化と共に、メディアキャストのARIB規格に関する豊富な経験とノウハウ、H.264エンコーディング技術、そしてTS関連技術を融合させ、ARIB規格に準拠したワンセグ対応のH.264ソフトウェアエンコーダを開発したものです。

KDDI研究所では、今回の共同開発成果をベースに、リアルタイムエンコーダや更なる高品質化の研究開発を進め、その成果の市場投入を図ります。また、メディアキャストではワンセグ放送に不可欠となるデータ放送技術を付加したコンテンツ制作環境の提供を目指します。

今後両社が当技術を搭載した製品を提供することにより、高価な専用機材を必要とせずにエンコードからTS生成と出力が容易となり、ワンセグ用映像の制作環境をこれまでと比較して大幅に低価格かつ高品質で実現し、今後のワンセグ用コンテンツの更なる充実化が期待されます。

なお、両社は2007年11月20日~22日に幕張メッセで開催される「2007 国際放送機器展(InterBEE 2007)」に上記エンコーダを参考出品し、KDDI研究所、およびメディアキャストの両ブースにて初公開する予定です。

このプレスリリースの付帯情報

エンコーダの利用システムイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社