お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2011年に350億ユーロに達するヨーロッパのEMS収益

英国の調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は、出版レポート「欧州のEMS(電子機器受託生産サービス):2011年までの予測と戦略―The European Electronic Manufacturing Services Industry 2006-2011」のプレスリリースにおいて、東欧市場は2011年まで強く成長し、医療、自動車、管理、産業セクターにおいても、利幅の小さな製品で、西欧から中欧と東欧へのEMS企業の生産移転は続くという予測を発表している。

エレクトロニクス産業のスペシャリストである英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社が、欧州EMS産業の成長を強調

中欧と東欧のEMS(電子機器受託生産サービス)産業は絶好調である。海外投資が旺盛で、オペレーションコストは低いため、西ヨーロッパの生産を奪い続け、今や中欧と東欧はEMSの生産総計の過半を占めている。

30年以上、世界のエレクトロニクス産業の最新の動向を調査してきたリードエレクトロニクスリサーチ社は、1993年の出版から第8版目になるEMS産業に関する調査レポート「欧州のEMS(電子機器受託生産サービス):2011年までの予測と戦略―The European Electronic Manufacturing Services Industry 2006-2011: A Strategic Overview of the European EMS Industry」を出版した。この調査レポートは、エレクトロニクス産業の最新の出来事と今後の発展について記載している。



リードエレクトロニクスリサーチ社は、中欧と東欧のEMS生産は西欧を抜くだろうと予測している。欧州のEMS産業は2006年に257億ユーロに達し、中欧と東欧が50.4%を占める。中欧と東欧はオペレーションコストが低く、西欧の主要な企業の多くが地場での操業を縮小しているためである。

この調査レポートの主要な調査内容は以下のとおり。
■ 2006年の中欧と東欧のEMS総収益の57%をハンガリーが占めた。チェコ共和国が23%、ポーランドが10%と続く。投資家にとってオペレーションコストの低さは魅力であり、Tier 1企業で世界的なサプライヤであるFoxconn、Flextronics、Jabil、Sanmina- SCI、Elcoteq、Solectron、Celesticaが市場を占めている。これらの企業は3C市場(消費者、通信、コンピュータ)において、2006年の中欧と東欧のEMS収益の最大90%を占めた
■ 2011年までに、東欧の消費者向けとモバイルがCAGR 7.5%、通信がCAGR 11.1%、コンピュータがCAGR 11.9%と力強く成長するだろう。さらに、医療、自動車、管理、産業セクターにおいても、利幅の小さな製品で、西欧から中欧と東欧へのEMS企業の生産移転は続くだろう
■ 2008年までの期間、英国とフランスでTier 1の施設が閉鎖されるが、ドイツの中堅企業が牽引力となって、西欧のEMS収益は、2011年までの期間は緩やかに成長するだろう。2006年、西欧の3C市場(消費者、通信、コンピュータ)以外からあげるEMS収益は49%だが、全ての産業セクターで、企業がより利益の高いビジネスを求めるようになって競争が高まり、2011年には56%まで伸びるだろう


[調査レポート]
欧州のEMS(電子機器受託生産サービス):2011年までの予測と戦略
The European Electronic Manufacturing Services Industry 2006-2011
A Strategic Overview of the European EMS Industry
リンク

リードエレクトロニクスリサーチ社は(Reed Electronics Research)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

西欧およびCEEにおける、EMS収益推移と予測 2005-2011年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社