お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ロアグループ社、「2006年下半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版 -新規発売モデル徹底分析-」レポートの出版を発表

ロアグループ社は、2006年下半期に韓国で発売された携帯電話について、ロアグループ社独自の調査方法を用いて、端末別に機能やサービス対応状況について調査・分析した、「2006年下半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版 -新規発売モデル徹底分析-」レポートの出版を発表しました。

【目次】
I. エグゼクティブサマリー

1.レポートの紹介
2.調査範囲
3.調査プロセス
4.方法論

II. 2006年下半期 韓国における携帯端末市場環境の分析

1.2006年下半期 月別販売台数
2.メーカー別販売台数
3.メーカー別販売シェア及び発売シェア

III. 基本要素についての主要トレンド分析

2006年下半期のキーポイント
Issue 1. 薄型端末の発売が加速化
Issue 2. スライド端末の発売割合が低下、応用型端末の発売
Issue 3. 平均発売価格の上昇
Issue 4. ハイエンド端末の割合が増加
Issue 5. コンセプトを目立たせた端末が多数登場

IV. 機能要素についての主要トレンド分析

2006年下半期のキーポイント
Issue 1. 200万画素カメラ搭載が一般化
Issue 2. サムスン電子の外付けメモリ及びLG電子の内蔵メモリの強化
Issue 3. 2006年上半期対比LCDサイズの拡大
Issue 4. Bluetooth機能搭載が一般化

V. 付加サービス要素についての主要トレンド分析

2006年下半期のキーポイント
Issue 1. テレビ電話対応率の増加及びマルチタスク機能の強化
Issue 2. メーカーによる付加サービスのうち電子辞書搭載率が増加
Issue 3. DMB対応率50%を突破
Issue 4. VOD機能対応率が増加
Issue 5. コマース及びバンキング機能対応率が持続的に減少

VI. 2007年の展望

1. 端末のハイエンド化が加速
2. テレビ電話機能の対応率増加に伴う画素数の増加
3. コマース及びバンキング対応率が増加
4. LCDサイズの拡大化
5. 端末形状の多様化及びコンセプト端末が増加
6. DMB対応のBluetooth端末発売率が増加

VII. Appendix

1. 基本要素の分析
2. 機能要素の分析
3. 付加サービス要素の分析


[調査レポート]
2006年下半期 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版
-新規発売モデル徹底分析-
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社