お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2012年に2億6700万を超える世界の住宅向けVoIP加入者数

米国の調査会社ABIリサーチは、2012年に世界のVoIP電話サービス加入者数は、2億6700万を超えると報告している。

ニューヨーク、2007年1月31日
2006年に3800万弱だった世界のVoIP電話サービス加入者数は、2012年に2億6700万を超えるだろうと米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「住宅向けIP電話:CATV、DSL、光ファイバ、WiMAX、VoIPホスティングサービス」は報告している。

「商用VoIPの先駆けであるホスティングサービスプロバイダは、ある程度は成長するだろう。だが、今後のVoIP市場の立役者は、高速データネットワークを利用するケーブルオペレータとブロードバンドプロバイダだ」とブロードバンド市場の主席アナリストMichael Arden氏は言う。これらのオペレータは、ブロードバンドの「パイプ」に付加価値を与え、基本のデータサービス以上の新たな収益を生みだしたいと考えている。

これまで、通信会社のVoIPサービスの進歩は遅かった。彼らは、従来の電話網に多額の投資を行って来たし、サービスの質を完全に管理したいという欲求もあり、既存顧客を失う恐れがあると考えていたため、世界の主要地域におけるVoIP市場はそれぞれ異なった展開を見せてきた。

「米国のVoIP市場は競争環境によって促進されている。ケーブルオペレータは電話会社の顧客を奪うためにVoIPサービスを提供している。最終的にケーブルオペレータは統合サービスを提供するだろうが、競争に勝つためには通信会社もVoIPサービスを提供しなければならない」とArden氏は言う。

「現在欧州では、運営効率を向上させるために、多くの通信オペレータがイーサネットネットネットワークのアップグレードと導入を推進している。(例えば、BTは大規模なアップグレードと導入を行っている。)その際、彼らはVoIPを重視し、ネットワークのアップグレードのひとつに加えている。また、日本で市場を促進しているのは、通信オペレータやケーブルオペレータではなく、SoftBankなどのサードパーティーのブロードバンド企業だ。」

現在、顧客のVoIP電話への乗換えの主な要因は低価格と簡略な請求システムだが、これらは一時的な要因で、2010年頃までにはVoIP電話がビデオ、オンラインゲーム、その他のサービスとどの程度統合されているかが主要な動機となるだろうとArden氏は考えている。

ABIリサーチの調査レポート「住宅向けIP電話:CATV、DSL、光ファイバ、WiMAX、VoIPホスティングサービス」は、ケーブル、通信、衛星、ホスティングオペレータが提供する住宅向けVoIP市場の概観を記載している。また、住宅向けVoIPサービスと世界350以上のVoIPオペレータとベンダの間の連携を査定している。この調査レポートは「ブロードバンドネットワーク年間リサーチサービス」の一環として提供されている。

◆調査レポート
住宅向けIP電話:CATV、DSL、光ファイバ、WiMAX、VoIPホスティングサービス
リンク

◆米国 ABI リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社